ホーム > 組織について > 各種取り組み・方針・ポリシー > JOGMECの持続可能な開発目標(SDGs)への取組方針

JOGMECの持続可能な開発目標(SDGs)への取組方針

 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、わが国へのエネルギー・資源の安定供給を確保することを目的に、石油・天然ガス、金属鉱物、石炭、地熱資源の探鉱・開発支援や、石油・石油ガス及び金属鉱産物の備蓄を行っています。また、国民の健康保護や生活環境の保全のため、休廃止鉱山での鉱害防止支援事業にも取り組んでいます。エネルギー・資源の開発は大きな環境・労働安全衛生のリスクを伴うことから、JOGMECの事業は常にこれらのリスクを低減するための活動とともにあります。

 2018(平成30)年、JOGMECは設立から15年目を迎えました。この間、エネルギー・資源を取り巻く国際情勢は大きく変化し、加えて持続可能な社会実現に向けての社会的な機運も大きく高まってきました。2015年には「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連で採択され、持続可能な社会実現にむけて世界全体で取り組むべき17目標が示されました。こうした状況変化を踏まえて、JOGMECはエネルギー・資源の安定供給を担う立場からSDGsに向けてどのような貢献ができるか組織全体での検討を行ってきました。

 JOGMECは、全役職員が重視すべきSDGsの視点を踏まえた行動基軸として5つの柱を定めました。5つの柱とは「産業とくらしを支えるエネルギー・資源の安定供給確保」、「気候変動への対応と循環型社会構築への貢献」、「資源事業に係る環境保全の活動」、「ステークホルダーとのパートナーシップを通した地域活性化」、「あらゆる人々の活躍の推進」です。

 これらの行動基軸のもと、JOGMECは環境や情勢の変化を捉えて常に改善を図り成長していく組織風土を醸成していきます。

JOGMECの持続可能な開発目標(SDGs)との関わり方イメージ

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.