ホーム >  組織について >  理事長メッセージ

理事長メッセージ

ご挨拶

細野理事長
 JOGMECは、石油・天然ガス、金属鉱物、石炭および地熱の安定的かつ低廉な供給に資することなどを目的に、資源全般をカバーする組織として業務を行っています。
 石油・天然ガス分野では、主にわが国企業の行う探鉱・開発プロジェクトへの支援のほか、メタンハイドレート開発技術や原油回収率向上技術(CO2EOR)等の技術開発を推し進めています。さらに2016年の法律改正により支援機能を強化し、海外の資源会社の買収や資本提携への支援および石油の探鉱段階から開発段階へ移行した案件への追加支援も可能となりました。金属分野では、ベースメタルやレアメタルなどの探鉱・開発への金融支援や技術支援および海底熱水鉱床などの海底鉱物資源の調査を行うほか、過去に閉山された国内鉱山の鉱害防止支援にも取り組んでいます。石炭分野では、探鉱・開発への金融支援や技術支援のほか、国内石炭政策に関わる経過措置としての石炭経過業務も行っています。石油・天然ガス、金属、石炭の探鉱活動においては、企業にとってリスクの高い初期探鉱を直接JOGMECが行い、成功した場合にはわが国企業に引き継ぐことも行っています。
 再生可能エネルギーの1つとして注目を集める地熱分野では、金融支援や技術支援を通じて、わが国での普及促進に取り組んでいます。また、供給途絶時等に備える資源備蓄関連分野にも取り組んでおり、石油、石油ガスおよびレアメタルについて国家備蓄を管理し、緊急時における機動的な備蓄の放出を実行する体制を整備しています。
 さて、世界を見渡すと、EV時代の到来やIT技術の飛躍的な発展など、資源・エネルギーをめぐる情勢は大きく変わりつつあり、さらに世界経済は地政学的な不安定さや国際情勢の複雑化などの懸念材料を抱えています。このため、資源・エネルギーの太宗を輸入に頼っているわが国にとって、その安定的かつ経済的な確保は、欠かすことのできない要素となります。
 JOGMECは、2018年から新たな5年間の中期目標期間(第4期)を迎えました。資源国との関係強化を通じたわが国の資源外交の一翼を担いつつ、わが国企業の資源権益獲得に向けたリスクマネー支援の実施や資源・エネルギーに関する知識・情報センターとしての機能の充実、技術開発と人材育成機能の強化を、これまでにも増して、さらに推し進めていきます。
日本への資源・エネルギーの安定供給確保というJOGMECの使命はより一層その重要度を高めていると感じています。幅広い取組を効率的に進めるため、組織内の連携強化にとどまらず、わが国および資源国の政府、政府関係機関ならびに国内外関係企業と積極的に連携を図り、それぞれの取組に必要な機動的な体制を創り上げてまいります。今後もより一層の努力を続けてまいりますので、引き続き、皆さまのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
細野哲弘
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.