機構について
ホーム >  組織について >  沿革

沿革

2002年7月26日に公布された「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法」に基づき、2004年2月29日、独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が設立されました。石油・天然ガスの安定供給確保の役割を担ってきた石油公団の機能と、非鉄金属鉱物資源の安定供給確保の役割を担ってきた金属鉱業事業団の機能が集約されています。

以降、3回の「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法」の改正等を経て、以下のとおりJOGMECの機能強化が行われました。

資源獲得競争が激化する中、我が国民間企業による資源権益の取得を促進するため、2010年7月1日、以下の機能が追加されました。
(1) レアメタル等の金属鉱産物の資産買収(鉱山の買収)に係る出資業務拡充
(2) 政府保証付き長期借入金等の対象業務追加

災害時の石油・石油ガス(LPガス)の供給に関する体制の構築及び資源開発に係る支援機能の集約化・整備等を行うため、2012年8月29日、「独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法」の改正を含む関連法が成立し、以下の業務・機能が追加・変更されました。
(1) 石炭・地熱資源開発に係る支援(2012年9月15日追加)
(2) 産投出資の資源開発ヘの活用(〃)
(3) 海洋での金属鉱物調査の深度制限の見直し(2012年9月15日変更)
(4) 災害時の石油・石油ガス(LPガス)供給計画の実施支援(2012年11月1日追加)
(5) 石炭経過業務(2013年4月1日追加)

石油天然ガス開発上流企業による企業買収等への支援機能を追加するため、2016年11月16日、以下の機能が追加されました。
(1) 上流開発企業による企業買収等への支援
(2) 資金調達の多様化(政府保証付き借り入れの対象を拡充)
(3) 石油・天然ガスの物理探査船の民間への貸出

ロゴマークについて

JOGMECのロゴマークには様々な意味がこめられています。

JOGMECロゴマーク

JOGMECの表記は、当機構の英名
(Japan Oil,Gas and Metals National Corporation)の
頭文字を組み合わせています。

  • シンボルマークは地球をモチーフ
    世界規模で地質構造調査・探査を行っていることをデザインコンセプトとして開発しています。
  • 3つの形は石油・ガス・非鉄金属鉱物資源を表現
    地球全体の一部をトリミングして、大きな地球の存在を創造しています。
  • 3つのカラーは「自然」「大地」「誠実」を表現
    「グリーン」「オレンジ」「ブルー」の3色で表現しています。