白島国家石油備蓄基地

白島国家石油備蓄基地
同基地は、1981年4月に立地が決定し、同年6月建設の推進母体となる国家石油備蓄会社が設立され、1996年8月に完成しました。
同基地は、浮遊式海洋構造物(洋上タンク方式)よる洋上石油備蓄システムを採用しています。
2004年2月に国家石油備蓄基地は国の直轄事業となり、JOGMECは国家石油備蓄の統合管理業務を行います。基地の操業は民間の操業サービス会社がJOGMECより委託を受け実施しています。本体制のもと、安全かつ効率的な備蓄石油の保有を行い、石油の安定供給を図っています。

お知らせ・ニュース

基地概要

所在地及び面積 福岡県北九州市若松区白島海域
陸域:約14ha
海域:約60ha
備蓄方式 洋上タンク方式
備蓄施設容量 約560万kl(約70万kl×8隻)
完成年等 1996年8月全面完成、1997年10月オイルイン終了

主要設備概要

貯蔵船 容量 約70万kl x 8隻
(1隻当たり:10万kl x 7区画)
寸法 長さ397m x 幅82m x 深さ25.4m
防消火設備 消火ポンプ高圧系 913m3/時 x 3基
消火ポンプ低圧系 1,515m3/時 x 3基
泡消火設備 1式
防消火車両・船舶・資機材等 1式
環境保全設備 排水処理設備 含油排水系30m3/時 x 2系列
生活排水系40m3/日 x 1系列
ガードベイスン工程排水系 500m3 x 1系列
クリーン排水系 500m3 x 1系列
含油水タンク 9,700kl x 2基
原油ガス処理設備 グランドフレア方式 1.1万Nm3/時
監視制御設備 操油及び防災の監視・制御設備
油漏洩検知設備
通信警報設備
気象海象観測設備

展示施設紹介 - 白島展示館

石油備蓄基地の設備・機能を紹介した見学・体験施設です。小中学生の社会見学施設等に活用いただいています。
  • 〒808-0021 福岡県北九州市若松区響町一丁目108番
    Tel 093-752-1460

  • 白島展示館 地図
開館時間 10:00~16:00 (最終入館時間15:30)
休館日 月曜日・第4火曜日、年末年始(12/29~1/3)
入館料 無料
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.