ホーム > 組織について > 国内事務所 > 石油備蓄基地事務所 > 上五島国家石油備蓄基地

上五島国家石油備蓄基地

上五島国家石油備蓄基地
同基地は、1981年12月に立地が決定し、翌年2月建設の推進母体となる国家石油備蓄会社が設立され、1988年9月に完成しました。
同基地は、浮遊式海洋構造物(洋上タンク方式)よる洋上石油備蓄システムを採用しています。
2004年2月に国家石油備蓄基地は国の直轄事業となり、JOGMECは国家石油備蓄の統合管理業務を行います。基地の操業は民間の操業サービス会社がJOGMECより委託を受け実施しています。本体制のもと、安全かつ効率的な備蓄石油の保有を行い、石油の安定供給を図っています。

お知らせ・ニュース

基地概要

所在地及び面積 長崎県南松浦郡新上五島町海域
陸域:約26ha
海域:約40ha
備蓄方式 洋上タンク方式
備蓄施設容量 約440万kl(約88万kl×5隻)
完成年等 1988年9月末全面完成、1989年1月オイルイン終了

主要設備概要

貯蔵船 88万kl x 5隻
サイズ: 長さ390m x 巾97m x 深さ27.6m
環境保全設備 排水処理設備 100m3/hr
ガードベースン: 400m3 x 1基/ 140m3 x 1基
含油水タンク: 9,300k lx 2基
原油ガス処理設備
グランドフレアスタック: 11,000m3/時
防消火設備 海水ポンプ: 1,500m3/時 x 3基
泡消火設備
甲板上のモニターノズル: 24基/1隻
貯蔵船内の泡放出口: 175個/1隻
不燃性ガス供給設備: 12,500m3/時
甲種普通化学消防自動車 1台
消防船兼曳船 1隻
油回収船 1隻
オイルフェンス展張船兼通船 2隻
防災指揮船 1隻
オイルフェンスバージ 1隻
監視制御設備 操業監視・制御設備(光ファイバーケーブル)
防災監視・制御設備(光ファイバーケーブル)
油漏洩検知設備
工業用テレビジョン監視設備
海域監視レーダー設備
気象海象観測情報処理設備

展示施設紹介 - エネルギー発見館 カピィ・プラザ

石油備蓄基地の設備・機能を紹介した見学・体験施設です。石油以外のエネルギーや上五島の歴史や文化・伝統に関する展示も行っています。
  • 〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町
    青方郷1549-6 番地 
    新上五島町石油備蓄記念会館1F
    Tel 0959-52-2500

  • エネルギー発見館 カピィプラザ 地図
開館時間 10:00~18:00
休館日 水曜日、年末年始(12/29~1/3)
入館料 無料
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.