地熱資源開発
ホーム >  地熱資源開発 >  地熱資源開発調査事業費助成金

地熱資源開発調査事業費助成金

地熱資源を利用した地熱発電は高い設備利用率と安定的な電力供給が可能なことから、有望な再生可能エネルギーとして注目を集めています。一方で、地熱資源開発は開発までに長いリードタイムを必要とすること等から、日本は世界で第3位の地熱資源量を誇りながら、有効に活用されていません。

本事業はJOGMECが国から補助金を受け、本邦法人が本邦において地熱資源調査を行う場合に、本邦法人が負担する調査費の一部(地質調査・物理探査・地化学調査等に関する経費や坑井掘削調査等に関する経費)を助成金として交付する支援制度です。

日本の地熱資源はその大部分が自然公園内に賦存しており、 環境と調和した地熱資源開発が必要不可欠です。 また、温泉への影響に関して懸念もあります。そのため、モニタリング調査や環境事前調査といった環境と調和した地熱資源開発に必要な調査に関しても、助成金の対象とし、環境と調和した地熱資源開発に対し支援を行います。

最近の助成実績

平成25年度20件、平成26年度23件、平成27年度26件の調査事業に対し、助成金を交付しています。

助成制度概要

案件の募集

対象となる案件は、毎年度JOGMECのホームページにおいて公募し、JOGMECが定めた審査基準に基づき採択を行います。
平成28年度地熱資源開発調査事業費助成金交付事業に係る公募について(2016年2月29日)

調査の対象

調査の対象は、地熱発電を目的とした地熱資源開発です。

実施細則・審査基準等

本事業は、以下のJOGMEC内部規程に基づいて実施されています。