ホーム > 地熱資源開発 > 地熱資源ポテンシャル調査

地熱資源ポテンシャル調査

 我が国には、豊富な地熱資源が存在していますが、地熱有望地の多くは地形が急峻で、植生が密に発達しているため、地上からのアクセスが難しく、いまだ十分な調査が行われていないところが多数存在しています。 
 JOGMECは、このような地域における地熱開発を促進するため、平成24年度から地熱資源ポテンシャル調査を実施し、民間企業の方々に様々な調査結果を提供しています。

調査手法と調査目的

 地熱開発では、マグマ溜りなどから供給される熱(熱構造)、蒸気や熱水を供給する断裂系(流路)、蒸気や熱水を地下に封じ込める器(貯留構造)の3つの要素が揃ってはじめて大規模な開発ができると言われています。
 このため、空中重力偏差法探査で断層の分布や基盤の深さを調べて流路を把握し、時間領域空中電磁探査と空中磁気探査で変質帯(帽岩)の分布を調べて器(貯留構造)の存在を確認します。
 さらに、ヒートホール調査により地表下の地質、構造及び温度情報を把握することで地熱資源ポテンシャルの評価を行っています。

調査概念図

調査結果

平成30年度までの調査実績

【空中物理探査】
 平成24年度より、北海道(武佐岳/弟子屈/大雪山(上川・上士幌)/豊羽/ニセコ/登別/濁川(森・熊石・南茅部))、東北(八幡平/湯沢・栗駒)、関東(栃木北部)、北陸(上越)、九州(くじゅう/阿蘇/霧島)の計16地域で調査を実施しました。
 
【ヒートホール調査】
 平成29年度より、北海道(弟子屈)の計1地域で調査を実施しました。


調査実施地域

成果

 平成30年度までに地熱開発、研究を目的として、計103事業者(注)に調査結果を提供しました。
 (注)うち1件は防災(地すべり)のための提供。

 調査結果は、新規参入エリアの選定時に多くの地熱開発事業者に活用されています。

 また、複数の地域で、解析結果を用いて地質構造解析や掘削ターゲットの選定が実施されています。



探査結果グラフ

空中重力偏差法探査(AGG)

AGG使用機器

  • 空中重力偏差法探査駐機風景

  • 空中重力偏差法探査使用機材

  • 空中重力偏差法探査飛行風景

時間領域空中電磁探査(HeliTEM)/空中磁気探査

時間領域空中電磁探査(HeliTEM)/空中磁気探査
  • 空中電磁探査・磁気探査駐機風景

  • 空中電磁探査・磁気探査飛行風景

  • 空中電磁探査・磁気探査飛行風景

空中磁気探査

ヒートホール調査

 空中物理探査により地熱資源ポテンシャルが期待される有望地を抽出し、当該地域における地表下の地質・構造及び温度状況を確認するため、ヒートホール調査を実施しています。ヒートホール調査では地熱資源ポテンシャルを評価するとともに、新規の地熱開発案件の抽出を加速化させることを目的としています。
  • ヒートホール調査の様子

  • コア調査

  • 埋孔・原状復旧後

【調査諸元】
  • 対象地域:空中物理探査結果により地熱資源ポテンシャルが期待される有望地域
  • 工法:ワイヤーライン掘削
  • 掘削長:500~1000m程度/垂直井
  • 最終孔径:HQ相当(約100mm)
  • カッティングス・コア採取(0~30m:カッティングス、30~孔底:コアリング)
  • 孔内検層(温度、電気、フラクチャ)
  • 掘削終了後:埋孔、原状復旧を実施

調査データの提供

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.