資源ライブラリ
ホーム >  資源ライブラリ >  特別企画 >  JAPANテクノロジー~日本の技術を世界の資源開発へ~

JAPANテクノロジー~日本の技術を世界の資源開発へ~

JAPANテクノロジー

日本の技術が、世界の資源開発に何をもたらし、我が国の資源・エネルギー安定供給にどのように貢献できるのか?

 新興国の経済発展などにより世界的なエネルギー需要の増加が見込まれる中、深海や極寒地などでの開発や、環境問題・安全面での対応など、世界の資源開発現場は様々な課題に直面しています。
こうした障害をブレークスルーしていくためには、より高度な技術の確立が不可欠です。
資源開発技術の革新は、時に世界のエネルギー地図を塗り替えることもあります。
事実、2000年代後半からアメリカでシェールガスの生産量が急増したことで、世界のエネルギー市場に大きなインパクトを与えたシェールガス革命も、水平掘削※1やフラクチャリング※2といった技術の確立が引き金となりました。
日本はエネルギー資源の大半を輸入に頼る資源小国である一方、産業分野で培われた様々な先端技術を有する技術大国です。
世界に誇る技術力を資源開発の分野で最大限に活用することは、安定的に資源を獲得していく上で非常に重要なテーマとなっています。
現在JOGMECが開発を推進している最新技術の一部を解説するとともに、「資源国の課題と日本の産業技術のマッチング」を目的に、 2013年度に立ち上げた技術ソリューション事業を紹介します。


※1 水平掘削:垂直に掘り始めた坑井を徐々に曲げていき、最終的に水平になるまで傾斜させて掘削する技術。
※2 フラクチャリング:坑井内に高い圧力を加えて採収層に割れ目(フラクチャー)を作り、その中に砂などの支持材を充填することによりその閉塞を防ぎ、採収層内に非常に浸透性の高いチャンネル(油・ガスの通り道)を形成することによって、生産性障害からの回復及び低浸透率層の流動性改善を図り、生産能力を向上させる技術。 水圧破砕法ともいう。

JOGMECが開発を推進する主な技術

JOGMECは、石油・天然ガス及び金属資源に関する技術開発を多角的に推進し、開発した技術の活用により、民間企業の新規権益獲得や資源国との連携強化を図っています。

JOGMECが開発を推進する主な技術



JOGMEC NEWS Vol.34
内容は2013年9月時点のものになります。
当記事が掲載された広報誌「JOGMEC NEWS Vol.34(2013年9月発行)」も併せてご利用ください。