資源ライブラリ
ホーム >  資源ライブラリ >  特別企画 >  広報誌特集:国産資源 開発への挑戦

広報誌特集:国産資源 開発への挑戦

国産資源 開発への挑戦

 エネルギー・鉱物資源の海外依存度が著しく高い日本。しかし、金の産出で知られる鹿児島県の菱刈鉱山、国内唯一の坑内掘り炭鉱「釧路コールマイン」、JOGMECと石油資源開発(株)(JAPEX)が共同スタディを実施している秋田県・女川層のタイトオイル(シェールオイル)など、国内における資源開発も進められています。また、2013年12月には「第二次 海洋基本計画」のもと「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」、2014年4月には「第四次 エネルギー基本計画」が策定され、海洋資源や地熱などの国産資源の開発に関する計画がより具体的に示されました。今回は、これらの計画の実現に向けたJOGMECの取り組みをご紹介します。

エネルギー・鉱物資源の海外依存度が著しく高い日本。しかし、金の産出で知られる鹿児島県の菱刈鉱山、国内唯一の坑内掘り炭鉱「釧路コールマイン」、JOGMECと石油資源開発(株)(JAPEX)が共同スタディを実施している秋田県・女川層のタイトオイル(シェールオイル)など、国内における資源開発も進められています。また、2013年12月には「第二次 海洋基本計画」のもと「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」、2014年4月には「第四次 エネルギー基本計画」が策定され、海洋資源や地熱などの国産資源の開発に関する計画がより具体的に示されました。今回は、これらの計画の実現に向けたJOGMECの取り組みをご紹介します。

海洋基本計画

海洋エネルギー・鉱物資源の開発(2013年12月)

基本認識

・調査・研究を継続しつつ、事業化のための開発・研究を強化する
・我が国周辺海域の資源ポテンシャルを把握するための技術開発と広域科学調査・資源探査を継続的に実施
・採鉱、揚鉱等生産に向けた技術開発を集中的に実施

石油・天然ガス



・日本周辺海域において、物理探査や基礎試錐を機動的に実施
・新潟県佐渡沖で平成25年度実施の基礎試錐の成果等を民間に引き継ぎ、探鉱活動を推進

メタンハイドレート



・平成30年度を目途に商業化の実現に向けた技術を整備
・平成30年代後半に民間企業が主導する商業化のためのプロジェクトが開始されるよう、国際情勢をにらみつつ技術開発を実施
・日本海側を中心に存在が確認された表層型のメタンハイドレートの広域的な分布調査等を実施

海底熱水鉱床



 平成30年代後半以降に民間企業が参画する商業化を目指したプロジェクトが開始されるよう、既知鉱床の資源量評価、新規鉱床の発見と概略資源量の把握、実海域実験を含めた採鉱・揚鉱に係る機器の技術開発、環境影響評価手法の開発等を推進し、その成果が民間企業による商業化に資するよう、官民連携の下、推進

マンガン団塊及びコバルトリッチクラスト



 資源量調査と生産関連技術について、国際海底機構が定めた探査規則を踏まえつつ、調査研究に取り組む(特にコバルトリッチクラストについては、海底熱水鉱床の取り組みの成果も踏まえ、具体的な開発計画を策定)。

レアアース

 将来の資源としてのポテンシャルを検討するための基礎的な科学調査・研究に取り組む(特に平成25年度以降3年間程度で、海底に賦存するとされるレアアースの概略資源量・賦存状況調査を実施)。

共通基盤の整備、研究開発

・これまでの実施状況等を踏まえ、「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」を改定
・広域探査船、無人探査機、最先端センサー技術等を用いた広域探査システムの開発・整備、新しい探査手法の研究開発を加速
・遠隔離島(南鳥島及び沖ノ鳥島)において、輸送や補給等が可能な活動拠点を整備

 エネルギー・鉱物資源の海外依存度が著しく高い日本。しかし、金の産出で知られる鹿児島県の菱刈鉱山、国内唯一の坑内掘り炭鉱「釧路コールマイン」、JOGMECと石油資源開発(株)(JAPEX)が共同スタディを実施している秋田県・女川層のタイトオイル(シェールオイル)など、国内における資源開発も進められています。また、2013年12月には「第二次 海洋基本計画」のもと「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」、2014年4月には「第四次 エネルギー基本計画」が策定され、海洋資源や地熱などの国産資源の開発に関する計画がより具体的に示されました。今回は、これらの計画の実現に向けたJOGMECの取り組みをご紹介します。




エネルギー基本計画

(2014年4月)

地熱



 地熱発電設備の導入をより短期間で、かつ円滑に実現できるよう、投資リスクの軽減、環境アセスメントの迅速化、電気事業法上の安全規制の合理化等の取り組み、また、必要に応じて更なる規制・制度の合理化に向けた取り組み等を進める




JOGMEC NEWS Vol.40
内容は2015年3月時点のものになります。
当記事が掲載された広報誌「JOGMEC NEWS Vol.40(2015年3月発行)」も併せてご利用ください。