資源ライブラリ
ホーム >  資源ライブラリ >  金属資源開発 >  広報誌特集:資源ニュースを読み解く ベースメタル 経済学(1)

広報誌特集:資源ニュースを読み解く ベースメタル 経済学(1)

資源ニュースを読み解く ベースメタル 経済学

そもそも・・・・・・ベースメタルとは?

産出量が多く、現代社会の中で大量に使われている金属を総称して「ベースメタル」と呼ぶ。本来は鉄や錫、アルミニウムが含まれるが、ここでは以下4つの非鉄金属を取り上げることとする。

いたる所で使われる汎用性の高い金属

いたる所で使われる汎用性の高い金属

加工が容易で、導電性に優れるなどさまざまな特長を持つ金属。1軒の家に100キログラムも使われていると言われる。生産される銅の多くが電線などに加工され、自動車や電化製品に使われる

ニッケル

食器から建材まで用途の広いステンレスの材料

食器から建材まで用途の広いステンレスの材料

日常、目にすることの多いステンレスの材料となるニッケル。腐食と酸化に耐性があることと見た目の美しさから、食器やコイン、建築材料にいたるまで広く使われる。今の社会になくてはならない金属だ

自動車用バッテリーに不可欠な金属

自動車用バッテリーに不可欠な金属

名前は知っていても、普段、直接目にすることの少ない鉛。実は、自動車用バッテリーに使われている。自動車産業が発達した日本にとって、欠かすことのできない重要な金属だ

亜鉛

車や建材の錆を防ぐ代表的なめっき材

車や建材の錆を防ぐ代表的なめっき材

めっきすることで、対象の金属に防錆性能を付与するのがこの亜鉛。自動車や建築物に使われる鋼板や鋼材の多くは、亜鉛によるめっきが施されており、さまざまな産業を下支えしている










JOGMEC NEWS Vol.43
内容は2015年12月時点のものになります。
当記事が掲載された広報誌「JOGMEC NEWS Vol.43(2015年12月発行)」も併せてご利用ください。