資源ライブラリ
ホーム >  資源ライブラリ >  特別企画 >  広報誌特集:JOGMEC Techno Forum 2016開催

広報誌特集:JOGMEC Techno Forum 2016開催

JOGMEC Techno Forum 2016開催

11月29~30日、JOGMECはパレスホテル東京でテクノフォーラムを開催。
産油産ガス国や国内外企業から多くのゲストを招き、講演や展示を実施した。
低油価時代をともに生き抜くため、あらためて協力強化の重要性を確かめ合った。

業界の課題を共有し ニーズとシーズの出会いの場を提供

 現在、石油業界は厳しい低油価時代に突入している。石油開発企業は、短期的には、コスト削減や開発スケジュールの調整、プロジェクトの中止や延期といった緊急対応が迫られている一方で、中長期的には、将来的な油価回復や供給不足を視野に入れ、技術力を含めた競争力の強化、アセットの確保が求められている。
 このような中、今年のJOGMEC Techno Forum 2016は、「激動の資源業界を生き抜くために」をテーマに、「コスト削減」「効率向上」「アライアンス」の3つのキーワードを設定。産油産ガス国が抱える課題や最新の取り組みを共有すると同時に、それらを解決しうるソリューションとして、日本が保有する幅広い分野の優れた技術を紹介。「知」を結集し、協力関係の強化を図ることが、低油価が続く厳しい時代を生き抜くことにつながることを確認した。特に今年は、日本の資源外交を一層強化したいとの強い思いから、JOGMEC単独ではなく、経済産業省・資源エネルギー庁と共同で開催した。
 例年同様、本フォーラムは3つのプログラムで構成されている。1つ目は、メイン会場で開催される産油産ガス国および国内外の企業の要人を招いた講演会。2つ目は、日本企業による優れた技術シーズの展示会。そして3つ目は、JOGMECの活動を紹介するJOGMECポスター展だ。
 フォーラム1日目、メイン会場では、JOGMEC理事長の黒木啓介、続いて経済産業省の山下隆一氏の挨拶でスタート。その中で、黒木は「現在の石油業界は暗いトンネルの中で耐え忍ぶ時期。だが、暗い中で企業や組織はどこまで本質的な問題に着手し、技術的な解決策、新しい技術や知見の利用により、課題を解決できるかが問われている」というメッセージを発信。次いで、産油産ガス国のメキシコ、ブラジル、インドネシアの政府機関や、ロシア、アゼルバイジャン、UAEの国営石油会社のマネジメントによる講演が行われ、日本と海外との技術連携による協力強化の重要性が語られた。
 フォーラム2日目は低油価環境を克服するための技術課題に焦点を当わせ、「IOR・EOR技術」「ガス処理・有効活用技術」「ロボット・IoT・ビッグデータ技術」の3つに関する各種講演を用意。展示会場ではこれら講演に関連する技術が展示され、多くの来場者が熱心に耳を傾けていた。
 2日間で延べ1,800名以上が参加し、今年も大盛況のうちに幕を閉じたテクノフォーラム。JOGMECでは今後も日本の資源外交を支援し、資源の安定供給に貢献していく。

A)日本企業の優れた技術シーズを紹介する展示会場では13社、<br />11ブースでの工夫を凝らした展示が実施された

A)日本企業の優れた技術シーズを紹介する展示会場では13社、
11ブースでの工夫を凝らした展示が実施された

B)開会の挨拶で「有意義な知恵を見つけ、役立つネットワークを構築してほしい」<br />とフォーラムへの期待を語る黒木<br />C)今年はJOGMECも開発に携わった探査機器のデモンストレーションを行った

B)開会の挨拶で「有意義な知恵を見つけ、役立つネットワークを構築してほしい」
とフォーラムへの期待を語る黒木
C)今年はJOGMECも開発に携わった探査機器のデモンストレーションを行った

D)資源分野に活用が期待されるロボットのデモンストレーション<br />E)国内外から1,800名以上の参加者が来場。聴講者は各種講演に熱心に耳を傾けた<br />F)メキシコエネルギー省の炭化水素次官Aldo Flores-Quiroga氏。<br />「メキシコの石油ガス市場開放」について講演を行った

D)資源分野に活用が期待されるロボットのデモンストレーション
E)国内外から1,800名以上の参加者が来場。聴講者は各種講演に熱心に耳を傾けた
F)メキシコエネルギー省の炭化水素次官Aldo Flores-Quiroga氏。
「メキシコの石油ガス市場開放」について講演を行った




JOGMEC NEWS Vol.47
内容は2016年12月時点のものになります。
当記事が掲載された広報誌「JOGMEC NEWS Vol.47(2016年12月発行)」も併せてご利用ください。