金属資源開発
ホーム >  金属資源開発 >  出融資・債務保証 >  海外探鉱資金融資

海外探鉱資金融資

資金の使用目的

海外における金属鉱物の探鉱に必要な資金であり、その探鉱を促進することにより優良資源の確保に効果があると認められる場合、その探鉱の事業費(物品費、労務費、直接経費、減価償却費、山元管理費及び探鉱に必要な権利等取得経費)が貸付けの対象となります。

なお、対象鉱種は以下のとおりです。

  1. ベースメタル(銅鉱、鉛鉱、亜鉛鉱、ボーキサイト、すず鉱)、金鉱、鉄鉱、グラファイト鉱、フッ素鉱(金属元素と結合しているものに限る。)、マグネシウム鉱、シリコン鉱、リン鉱(金属元素と結合しているものに限る。)及びカリウム鉱
  2. ウラン鉱、レアメタル(マンガン鉱、ニッケル鉱、クローム鉱、タングステン鉱、モリブデン鉱、コバルト鉱、ニオブ鉱、タンタル鉱、アンチモニー鉱、リチウム鉱、ボロン鉱、チタン鉱、バナジウム鉱、ストロンチウム鉱、希土類鉱、白金族鉱、ベリリウム鉱、ガリウム鉱、ゲルマニウム鉱、セレン鉱、ルビジウム鉱、ジルコニウム鉱、インジウム鉱、テルル鉱、セシウム鉱、バリウム鉱、ハフニウム鉱、レニウム鉱、タリウム鉱、そう鉛鉱)

資格要件

貸付けを受けることができる方は、海外において金属鉱物の探鉱を行う金属鉱業を営む本邦法人等(本邦法人又は本邦人若しくは本邦法人が出資し、かつ経営を実質的に支配している外国法人)で、以下の要件をいずれも満たす方です。また、上記本邦法人等には、他の法人が行う探鉱に資金を供給する本邦法人等も含みますが、その場合には、資金の供給を受ける法人において同様の要件が必要となります。

  • 融資対象地域で探鉱する権利を取得していること、又は確実に取得する見込みのあること。
  • 将来の生産物の全部又は一部を引き取る権利を取得していること、又は取得する見込みのあること。

貸付金利

貸付契約もしくは貸付実行時点の金利となります(貸付金利は金融情勢に応じて変わります。)。現在の貸付金利は貸付金利表をご覧下さい。

貸付けの限度額

貸付けの限度額は鉱種により以下のとおり区分します。

1.の鉱種の場合:探鉱に必要な資金の70%以内
2.の鉱種の場合:探鉱に必要な資金の80%以内

貸付けを受けられる期間及び回数

貸付期間は15年以内(元金返済の猶予期間は5年以内)となります。なお、探鉱を実施している期間中であれば、何度でも貸付けを申し込むことができます。

貸付額の契約は、借入を行う会計年度ごとに必要と見込まれる事業費をもとに、各年度の初回貸付けの際に行います。また、JOGMECからの貸付けは必要に応じて年度内に一括または分割で資金を貸付けることができます。

このほか、年度途中で必要資金の見込額が増額となった場合には、再度審査を行い、貸付額を増額することが可能です。
また、年度途中で必要資金の見込額が当初見込みを下回る場合には、予定された貸付額を減額して頂くこともありますのでご注意下さい。

元金の返済方法

通常、元金均等の割賦償還(3ヶ月ごと)となります。

利息の支払方法

利息は3ヶ月ごとに後払い(日割り計算)となります。なお探鉱失敗時等の場合、金利の減免制度があります(ただし、対象鉱種及びJOGMECの定めるカントリーリスクによって決まります。)。

親会社保証・担保

貸付にあたり、親会社による保証、または貸付額に見合う担保を差入れいただきます。なお、担保は日本国内で換金可能なものに限ります。

お問い合わせ

海外探鉱資金融資について詳しくお知りになりたい方は、金属ファイナンス部 探鉱開発課(代表:03-6758-8029)までお問い合わせ下さい。

参考規程

※貸付細則にある貸付利率は変更される場合があります。