金属資源開発
ホーム >  金属資源開発 >  出融資・債務保証 >  海外探鉱資金出資

海外探鉱資金出資

資金の使用目的

海外及び本邦周辺の海域において金属鉱物の有望鉱床が存在すると認められる地域における金属鉱物の探鉱に必要な資金であり、その探鉱を促進することにより優良資源の確保に効果があると認められる場合、その探鉱の事業費(物品費、労務費、直接経費、減価償却費、山元管理費及び探鉱に必要な権利等取得経費)が出資の対象となります。


なお、対象鉱種は以下のとおりです。

  1. ベースメタル(銅鉱、鉛鉱、亜鉛鉱、ボーキサイト、すず鉱)、金鉱、鉄鉱、グラファイト鉱、フッ素鉱(金属元素と結合しているものに限る。)、マグネシウム鉱、シリコン鉱、リン鉱(金属元素と結合しているものに限る。)及びカリウム鉱
  2. ウラン鉱、レアメタル(マンガン鉱、ニッケル鉱、クローム鉱、タングステン鉱、モリブデン鉱、コバルト鉱、ニオブ鉱、タンタル鉱、アンチモニー鉱、リチウム鉱、ボロン鉱、チタン鉱、バナジウム鉱、ストロンチウム鉱、希土類鉱、白金族鉱、ベリリウム鉱、ガリウム鉱、ゲルマニウム鉱、セレン鉱、ルビジウム鉱、ジルコニウム鉱、インジウム鉱、テルル鉱、セシウム鉱、バリウム鉱、ハフニウム鉱、レニウム鉱、タリウム鉱、そう鉛鉱)

資格要件

出資を受けることができる方は、海外において金属鉱物の探鉱を行う金属鉱業を営む本邦法人等(本邦法人又は本邦人若しくは本邦法人が出資し、かつ経営を実質的に支配している外国法人)で、以下の要件を満たす方です。また、上記本邦法人等には、他の法人(JOGMECの出資先が資本参加している法人に限る。)が行う探鉱に資金を供給する場合も含みますが、その場合には、資金の供給を受ける法人において同様の要件が必要となります。

  • 出資に係る地域で探鉱する権利を取得していること、又は確実に取得する見込みのあること

対象となる事業

上記資格要件に該当し、JOGMECとの間で締結する出資基本契約により定められた地域で実施される金属鉱物の探鉱事業です。

外国法人等との合弁事業又は共同事業の場合は、(1)事業の生産物についてJOGMECの出資先が当該事業契約に基づき、探鉱事業の資金分担割合に応じた取得権を有すこと、及び(2)対象事業の実施についてJOGMECの出資先が事業実施計画の策定に対する発言権等の自主性を有すことが必要となります。

出資の限度額

出資の限度額は案件により以下のとおり区分します。

  • 単独プロジェクト:探鉱に必要な資金に充当される出資の額の50%以内(但し、JOGMECが単独で最大株主とならない範囲に限ります。)

  • 大規模共同プロジェクト :探鉱に必要な資金に充当される出資の額の50%以内(但し、深海底におけるプロジェクトの場合は、80%以内まで可能です。)

出資の方法

出資は株式取得の方法により行います。

株式の処分

探鉱の目的が達成されたと認められる場合にはJOGMECが所有する株式を、出資先 と協議の上、処分します。

出資を受けられる期間

原則、探鉱期間中となります。

お問い合わせ

海外探鉱資金出資について、詳しくお知りになりたい方は、金属ファイナンス部 探鉱開発課(代表:03-6758-8029)までお問い合わせ下さい。

参考規程