鉱害防止事業
ホーム >  鉱害防止支援 >  技術開発

技術開発

 JOGMECでは休廃止鉱山における鉱害防止対策の効率化・費用低減化等のために必要な技術開発を行ってきました。
 昭和50年代は堆積場対策や坑道閉塞など発生源対策が中心で、昭和60年代には中和殿物の処分等に関する技術開発を行い、成果をとりまとめた手引きや指針を作成しました。また、平成元年以降は、坑廃水処理の省力化・省エネルギー化を図る技術開発へと移行するなど、現場のニーズに基づいた様々な技術開発テーマに取り組んでいます。

鉱害防止技術開発事業

鉱害防止技術開発事業PDF


パッシブ・トリートメント(自然力活用型坑廃水処理)の調査研究

 現行の坑廃水処理(アクティブ・トリートメント)では薬剤、電力、管理人員を常時必要としていますが、パッシブ・トリートメントはこれらを極力必要としないメンテナンスフリーに近い水処理技術です。この技術を坑廃水処理に活用することで、処理費用の大幅な削減が期待できます。
 
 パッシブ・トリートメントの特徴は、微生物によって重金属を沈殿除去しやすい状態に変えたり、植物によって重金属を濾過・吸収するなどの自然の浄化機能を最大限利用することにあります(図1)。
 海外では石炭鉱山から排出される鉄を含む坑廃水への実用化事例(写真1)はありますが、金属鉱山から排出される重金属(亜鉛・カドミウム等)を含む酸性坑廃水に対する適用事例はまだ少なく、研究段階です。

 国内で適用するためには、地形的な制約や坑廃水量の変動等、様々な技術課題が多くあり、JOGMECでは特に嫌気性微生物を活用した処理技術に着目し、将来の現場導入を目指して試験を実施しています。

 具体的には、有機系廃棄物などを充填したカラムや反応槽を嫌気条件(酸素のない状態)に保ち、そのような条件で働く微生物(硫酸還元菌)によって坑廃水中の重金属を硫化物にして除去する処理法の研究に取り組んでいます。(写真2、写真3)



  • 図1 パッシブトリートメント技術の概念図

    図1 パッシブトリートメント技術の概念図

  • 写真1 導入事例

    写真1 導入事例

  • 写真2 室内試験(金属資源技術研究所:秋田県小坂町)

    写真2 室内試験(金属資源技術研究所:秋田県小坂町)

  • 写真3 実証試験

    写真3 実証試験