ホーム >  イベント >  イベント一覧 >  第14回石油・石油ガス備蓄業務改善活動発表会 開催報告

第14回石油・石油ガス備蓄業務改善活動発表会 開催報告

開催期間 2018年2月1日
平成30年2月8日
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
資源備蓄本部
集合写真
 当機構の主催により「第14回石油・石油ガス備蓄業務改善活動発表会」を開催しましたので、下記のとおり概要を報告します。

1.日時

平成30年2月1日(木)9:50~18:30

2.場所

虎ノ門ニッショーホール(日本消防会館)

3.発表者

石油・石油ガスの国家備蓄に携わる19社(21基地)

4.受賞者(会社名)

最優秀賞 白島石油備蓄株式会社
(テーマ)高所における 隠れた危険 宙吊りからの脱出
優秀賞 JX喜入石油基地株式会社
(テーマ)手動式オイルフェンス巻取り機の改善
優秀賞 北海道石油共同備蓄株式会社
(テーマ)保全ルーキー奮闘記
~過去を脱却、俺が設備保全業務を変えてみせる~
特別賞 鹿島液化ガス共同備蓄株式会社
(テーマ)神栖国家石油ガス備蓄基地の電力使用量削減
※受賞者の発表概要はPDF別紙1をご参照ください。
※参加各社の発表テーマはPDF別紙2をご参照ください。

5.参考(石油・石油ガス備蓄業務改善活動発表会について)

 本発表会は、石油・石油ガス備蓄業務に携わる各社独自の業務改善への取り組みによる成果を、関係先に対して広く情報共有(水平展開)を図ることにより、他基地においても活用可能な事例を自基地に取り入れる等、備蓄業務全体にわたるレベルアップが図られることを期待して、毎年開催されています。

 備蓄基地の安全操業を確保しつつ、さらに効率的な業務運営を図っていくためには、会社経営層はもとより、操業現場の人員一人ひとりに至るまで、課題を発見する力や、問題を解決し改善に取り組もうとする意欲を日々欠かさず持ち続けることが肝要です。

 即効性のある改善策を見い出せる場合もあれば、小さな問題を地道に追い続け問題解決を目指す場合もあります。或いは、かつて断念した取り組みを再度見直す、改良の上に更なる改良を加える、という長期的な取り組みを行う場合もあります。
 こうした様々な努力を積み重ねる姿勢をJOGMECは応援しています。
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.