ホーム >  イベント >  イベント一覧 >  資源地質学会2019年度第69回年会シンポジウム「自動車メタル資源―現状とその将来―」のご案内

資源地質学会2019年度第69回年会シンポジウム「自動車メタル資源―現状とその将来―」のご案内

 当機構が共催する資源地質学会第69回年会シンポジウム「自動車メタル資源―現状とその将来―」(主催:資源地質学会)を下記のとおり開催いたします。
 皆様のご参加を戴きたくご案内申し上げます。
開催期間 2019年6月26日
参加費用 有料
URL https://www.resource-geology.jp/新規ウィンドウで表示します

開催日時

2019年6月26日(水) 13時00分~17時50分

会場

〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール

プログラム

時間 内容 講演者
13時00分~13時05分 シンポジウムの趣旨説明 渡辺 寧(秋田大)
13時05分~13時35分 S-01 気候変動に対するEV化の流れと資源確保政策の現状 大浦 拓也(経済産業省)
13時35分~14時05分 S-02 バッテリー資源の不足が、電動モビリティ普及を阻むのか? 名倉 健祐(パナソニック)
14時05分~14時35分 S-03 マグネシウム資源と自動車向け需要見通し 小原 久(日本マグネシウム協会)
14時35分~15時05分 S-04 リン鉱石鉱山での希土類元素副産物回収の検討の記録 大角 啓(丸紅テツゲン)、目次 英哉(JOGMEC)
15時05分~15時25分 休憩  
15時25分~15時55分 S-05 モビリティの電動化・軽量化に伴う鉱物資源の中長期需要予測 森本 慎一郎(産総研)
15時55分~16時25分 S-06 リチウム資源の概要 ―現状と将来― 荒岡 大輔(産総研)
16時25分~16時55分 S-07 ニッケル鉱床中のコバルト資源量 ―ラテライトと硫化物鉱床― 実松 健造(産総研)
16時55分~17時25分 S-08 コバルトを供給する鉱床:リスフェナイトと中央アフリカ堆積岩胚胎銅鉱床 渡辺 寧、藤巻 勇帆、 M. Simusokwe、 越後拓也(秋田大)
17時25分~17時50分 総合討論  
(注1)講演者の先頭の方がご登壇されます。
(注2)S-01~S-05は招待講演になります。

お申し込み方法

資源地質学会のホームページ外部リンクよりお申込みください。

参加費等

お支払方法により申込締切日が異なりますので、上記「お申込み方法」のリンク先をご確認の上、お申込み・お支払い手続きを完了してください。

<年会講演>
 資源地質学会正会員:事前4,000円/当日5,000円
 資源地質学会正会員学生:事前2,000円/当日3,000円
 非会員:事前8,000円/当日9,000円(手数料込)
 非会員(シンポジウムのみ):事前5,000円/当日6,000円

<懇親会>(6月26日18時~)
 一般:事前6,500円/当日7,500円
 学生:事前3,000円/当日4,000円

主催

資源地質学会

共催

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

お問い合わせ先

資源地質学会
〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビル5階
電話:03-3475-5287 Fax:03-3475-0824
E-mail:info@resource-geology.jp
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.