ホーム >  イベント >  イベント一覧 >  砂層型メタンハイドレートフォーラム2019の開催

砂層型メタンハイドレートフォーラム2019の開催

 MH21-S研究開発コンソーシアム(MH21-S)は、今般、「砂層型メタンハイドレートフォーラム2019」を下記の通り開催する事となりましたのでお知らせいたします。
 本フォーラムでは、当コンソーシアムが行っております砂層型メタンハイドレート研究開発に関する内容を発表いたします。メタンハイドレートにご興味のある方であればどなたでもご参加頂けます。ぜひご参加ください。
開催期間 2019年12月3日
申込受付期間 2019年9月30日~2019年11月29日
参加費用 無料
URL http://www.mh21japan.gr.jp/result_report/forum2019/新規ウィンドウで表示します

日時

2019年12月3日(火) 13時00分~17時00分(12時30分 受付開始)

場所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

<交通案内>
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)徒歩8分
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)徒歩6分
湯島駅または根津駅(地下鉄千代田線)徒歩15分

プログラム

2019年12月3日(火)
時間 内容 講演者
12時30分 受付開始  
13時00分
~13時05分
事務局からの連絡 MH21-S事業推進チームリーダー
保坂 雅之
13時05分
~13時15分
ご挨拶 経済産業省資源エネルギー庁
石油・天然ガス課 課長補佐
山田 哲也
13時15分
~13時45分
MH21-S始動!
~旧計画の実績と課題、新体制と目標について~
MH21-Sプロジェクトマネージャー(JOGMEC)
山本 晃司
13時45分
~14時10分
生産挙動予測
貯留層評価 ~信頼性の高い予測を目指して~
MH21-S貯留層評価チームリーダー
松原 修
14時10分
~14時30分
生産挙動予測
圧力コアリング
~天然サンプルを採取し分析する技術~
MH21-S貯留層評価チーム
米田 純
14時30分
~14時40分
休憩  
14時40分
~15時00分
長期安定生産
試掘成功!
~長期陸上産出試験の役割と経緯、今後の計画~
MH21-S長期陸上産出試験チームリーダー
沖中 教裕
15時00分
~15時10分
長期安定生産
次フェーズの海洋産出試験に向けて
~生産システム改良に関わる次の一手~
MH21-S生産システム改良チームリーダー
岡津 弘明
15時10分
~15時40分
環境影響を評価するための取り組み
~自然環境の理解を深める~
MH21-S環境影響評価チームリーダー
荒田 直
15時40分
~17時00分
ポスターセッション  
(注)上記内容は10月3日現在の予定です。都合により変更になる場合があります。

お申し込み方法

こちらのお申し込みフォーム外部リンクからお願いいたします。

お申し込み締切日

2019年11月29日(金) (定員になり次第締め切り)

定員

390名

主催

MH21-S研究開発コンソーシアム(MS21-S)

お問い合わせ先

ご不明な点は、MH21-S研究開発コンソーシアム(MH21-S)外部リンクまでお問い合わせください。
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.