ホーム >  イベント >  イベント一覧 >  2018年度「JOGMEC国際セミナー」 開催のご案内

2018年度「JOGMEC国際セミナー」 開催のご案内

開催期間 2018年2月21日
申込受付期間 2018年2月14日~2018年2月19日
参加費用 無料
URL https://oilgas-info.jogmec.go.jp/event/seminar.html新規ウィンドウで表示します

 2014年秋以降の原油価格下落が長引き、原油輸出に財政・経済を大きく依存する国々ではその弊害が顕在化するようになり、OPEC及び非OPEC主要国による協調減産合意がなされました。一方、米国ではトランプ大統領が就任し、自国のエネルギー生産を増大させ、外国からのエネルギー輸入に頼らなくて済む体制を構築すると発言しています。

 また、最大級の生産国であるサウジアラビアは、原油生産だけに頼らなくともよい経済を目指す政策を掲げており、その成否は中東の地政学リスクにも大きな影響を与えるものであります。

 このような状況を踏まえ、今般、以下に掲げる3名の専門家をお招きし「石油供給を巡るリスクについて」をテーマにしたセミナーを開催いたします。

日時

2018年2月21日(水) 15:00~17:00 (14:30 受付開始)

場所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目10番1号
虎ノ門ツインビルディング 地下1F大会議室

  • 東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」13番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩6分
  • 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」4a出口より徒歩7分

タイムテーブル

講演テーマ:「石油供給を巡るリスクについて」

時間 内容 講演者
14:30 受付開始
15:00~15:05 開会
15:05~15:40 講演1
石油を超えるサウジ‐ロシア関係の新展開
Pierre Terzian 氏
15:40~16:15 講演2
米国の中東政策展望:イラクとイラン
Arthur Brown 氏
16:15~16:50 講演3
ベネズエラと北米:米州2大産油地域の物語
Lucian Pugliaresi 氏
16:50~17:00 閉会
※質疑応答は各講演ごとの時間に含みます。

言語

日英同時通訳

講演者のプロフィール

  • Mr. Pierre Terzian(ピエール・テルジアン氏)
    Petrostrategiesの社長兼編集長(元AOG編集長)。確固たる情報ソースに基づく豊富な情報と優れた分析の提供を行っており、OPEC及び中東地域の屈指のエコノミストとして高く評価されている。
  • Mr. Arthur Brown(アーサー・ブラウン氏)
    長年米国政府機関でアジア地域の情報収集・分析業務を担当し、その後は、英国の治安情勢分析コンサルタントControl Risk社米国法人CEOとして、アジア・中東を含む世界の治安情勢分析を所掌、米国政府・民間企業に対してセキュリティマネージメントをコンサルティングしてきた。現在はMidSight Consulting LLC代表であり、イラクを含む中東産油国及び日本を含む極東情勢の専門家として活躍している。
  • Mr. Lucian Pugliaresi(ルシアン・パリアレシ氏)
    Energy Policy Research Foundation代表。氏はレーガン政権下でホワイトハウス国家安全保障委員会国際問題を担当した。FSU、中東に対する米国の事情に精通し、議会、政府関係者、エネルギー関連企業首脳等の幅広い人脈を有している。

定員

先着220名

申込方法

申込締切日

2018年2月19日(月) 17:00

主催

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)

調査部(担当:日高、渡辺)

メールアドレス:ask-briefing@jogmec.go.jp

会場地図

会場地図
(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.