ホーム >  ニュースリリース >  2012年度 >  メタンハイドレート海洋産出試験ガス生産量について(速報値)

メタンハイドレート海洋産出試験ガス生産量について(速報値)

2013年3月19日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)が、渥美半島~志摩半島沖(第二渥美海丘)において、3月12日~18日の間実施しておりました、第1回メタンハイドレート海洋産出試験(ガス生産実験)のガス生産量などを以下の通りお知らせします。

【第1回メタンハイドレート海洋産出試験(ガス生産実験)結果速報値】

・ガス生産期間:約6日間
・累計ガス生産量:約12万立方メートル程度
・平均ガス生産量:約 2万立方メートル/日程度

※上記数値はすべて速報値で、今後 更新されていく予定。

 


参考: カナダで実施された減圧法によるメタンハイドレート陸上産出試験(2008年)
  • ガス生産期間:約5.5日間
  • 累計ガス生産量:約13,000立方メートル
  • 平均ガス生産量:約2,400立方メートル/日
 (※一日あたりの生産量の変動幅は2,000~4,000立方メートル程度)


第1回メタンハイドレート海洋産出試験(ガス生産実験)の経緯につきましては、以下、JOGMECニュースリリースをご参照下さい。

【3月12日:メタンハイドレート層からのガス生産の開始について】
【3月18日:メタンハイドレート層からのガス生産実験の終了について】

この記事に関するお問い合わせ先

技術部メタンハイドレート開発課川本・長田

電話 043-276-9538

総務部広報課植松

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.