ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2014年度 >  むつ小川原国家石油備蓄基地における作業員の負傷について

むつ小川原国家石油備蓄基地における作業員の負傷について

2014年7月30日

 JOGMEC(本部:東京都港区 理事長:河野博文)が国から委託を受けて管理しておりますむつ小川原国家石油備蓄基地において、7月30日、JOGMECが同基地の操業管理を委託しているむつ小川原石油備蓄株式会社(本社:青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字二又525-2 代表取締役社長:高橋仁志)六ヶ所事業所(本社と同じ住所)のNO.38タンクの泡消火配管更新工事で試掘・掘削の土砂を運搬する重機(キャタピラダンプ)を運転中の作業員が重機とリング配管に挟まれ負傷しました。
 同作業員は、青森市内の病院において手当てを受けたところ、胸と脇を骨折しておりましたが、医師の診断によれば入院の必要がなく全治1か月の診断でした。
 今後、再発防止には万全の対策を講じて参ります。


1. 発生日時:平成26年7月30日(水) 午前11時15分頃

2. 発生場所:むつ小川原国家石油備蓄基地貯蔵基地内

3.発生概要:NO.38タンクの泡消火配管更新工事で試掘・掘削の土砂を運搬する重機を運転中の作業員が タンクまわりのリングライン配管のタンク側の土砂を運搬しようとしたところ、タンク側からリングライン配管側に 逆すべりして、同作業員は重機とリング配管に挟まれました。直ちに、救急要請を行い、同作業員は青森県立中央病院に搬送され手当てを受けたところ、胸と脇を骨折しておりました。医師の診断によれば入院の必要がなく全治1か月の診断でした。
 
以上

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部  洲之内 

TEL 03-6758-8580

資源備蓄本部  林 

TEL 03-6758-8197