ホーム >  ニュースリリース >  2020年度 >  海外取引にかかる誤送金について

海外取引にかかる誤送金について

2020年7月3日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)において、令和2年5月の外国送金について、いわゆる「なりすましメール」によって、当機構が偽の請求書を受領し、当該請求書に記された指定口座へ送金していた公算が高いことが判明しました。
 本事案については、所要の報告等をするとともに、原因等につき鋭意調査中です。

1. 内容

 本年5月の外国送金(1件)について、6月26日に送金先とした取引先(カナダの資源開発企業)からの指摘により、当機構および取引先が確認を行っていたところ、6月30日までに取引先と当機構とを仲介する、いわゆる「なりすましメール」によって、当機構が偽の請求書を受領し、当該請求書に記された指定口座へ誤送金していた公算が高いことが判明しました。
 本事案については、既に関係省庁へ報告を行い警察にも相談するとともに、現在鋭意原因究明を進めているところです。なお、現時点では本「なりすましメール」に前後して情報漏洩などシステム上の障害は確認されておりません。

2. 今後の対応

 当機構としてはかかる事案が発生したことを重く見て、今後、改めて当機構の情報システムの総合的点検を行うとともに、外部の専門事業者も交え原因究明の調査及び再発防止に向けた取り組みを進めます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 広報課高橋

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.