ホーム >  ニュースリリース >  2019年度 >  白島国家石油備蓄基地における作業員の負傷について

白島国家石油備蓄基地における作業員の負傷について

2019年7月12日

 令和元年7月11日(木)午後2時30分頃、JOGMEC(本部:東京都港区 理事長:細野哲弘)が国から委託を受けて管理しております白島国家石油備蓄基地(福岡県北九州市若松区大字安屋字白島)におきまして、JOGMECが同基地の操業管理を委託している白島石油備蓄株式会社(本社:東京都千代田区神田錦町二丁目9番地 代表取締役社長:岩田育章)北九州事業所の協力会社作業員が、作業員詰所建設のための地盤工事中、右足を重機に挟まれ負傷しました。
 事故後、同作業員は病院において診察・治療を受けたところ、右足首付近の裂傷により、1カ月以上の治療が必要と見込まれております。
 なお、同作業員は命には別状なく、病院搬送時も意識がある状況でした。
 今後、JOGMECでは同種事故の再発防止に万全の対策を講じて参ります。

1.発生日時

 令和元年7月11日(木)午後2時30分頃

2.発生場所

 白島国家石油備蓄基地(福岡県北九州市若松区大字安屋字白島)構内

3.発生概要

 上記日時、同基地構内のNo.3協力会社詰所の南側付近において、協力会社作業員が、作業員詰所建設のための地盤工事中、右足を重機(地盤撹拌機)に挟まれ負傷したもの。

事故のあった白島国家石油備蓄基地(全景)

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部大竹、宮沢

電話 03-6758-8622

電話 03-6758-8033

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.