ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2016年度 >  柏崎テストフィールドにおける多目的教育訓練施設(掘削リグ)の解体のお知らせ

柏崎テストフィールドにおける多目的教育訓練施設(掘削リグ)
の解体のお知らせ

2016年7月29日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:黒木啓介)は、新潟県柏崎市にある柏崎テストフィールド内での安全を確保する観点から、多目的教育訓練施設(掘削リグ)を解体することを決定しました。

 柏崎テストフィールドの多目的教育訓練施設(掘削リグ)は、平成10年にJOGMECの前身である石油公団により設置され、その後、18年間にわたり、我が国や産油国の技術者の教育・研修のために大いに活用されてまいりました。
 しかし、設置から18年を経て老朽化が進んでいること、また平成16年の新潟県中越地震、平成19年の新潟県中越沖地震と2度の大きな地震を経験してきていることを踏まえ、テストフィールド内での安全を確保する観点から当該施設を解体することとしました。
 実際の作業の業者やスケジュール等は以下のとおりです。周辺にお住いの皆様方にはご心配、ご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
 

1. 解体作業の施工業者

エスケイエンジニアリング株式会社

2. 解体作業の実施時期および期間

平成28年8月1日~8月29日(8月11~15日および17日は休工予定)
・悪天候等の理由で期間が延びる可能性もあります。
・作業を早急に終わらせるため土曜日、日曜日も作業を行います。(8月13、14日は休工)
・早朝・夜間の作業は実施しません。(8:00~17:00を予定)

3. 解体工事の内容

・平成23年に実施された、当該掘削リグの修繕・保全作業の手順と同様、クレーンを用いて施設の上部から徐々に解体します。
・解体された鉄骨や部材などは、当面、柏崎テストフィールド敷地内に保管します。現在、再利用・廃棄について方針を検討中です。

4. 周辺地域への環境面での影響

・異臭や騒音などは生じない見込みです。
・工事開始数日および終了後数日は重機(大型クレーン・20トントラック)の搬出入が頻繁にございますのでご注意ください。

多目的教育訓練施設(掘削リグ)

多目的教育訓練施設(掘削リグ)

この記事に関するお問い合わせ先

柏崎テストフィールド所長  古幡 

TEL 043-276-4508

総務部広報課  乾 

TEL 03-6758-8106