ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2017年度 >  ソロモン諸島国(チョイスル島、イサベル島)におけるレアメタル探鉱の事業終結について

ソロモン諸島国(チョイスル島、イサベル島)におけるレアメタル探鉱の事業終結について

2017年8月8日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:黒木啓介)は、平成29年8月8日、探鉱出資事業の一つである住鉱ソロモン探鉱株式会社のニッケル、コバルト探鉱事業について、その終結を承認しました。

 住鉱ソロモン探鉱株式会社(以下、「住鉱ソロモン」)は、住友金属鉱山株式会社(代表取締役社長:中里佳明 氏、以下「住友金属鉱山」)が、ソロモン諸島国のチョイスル島(Choiseul)、イサベル島(Santa Isabel)にて探鉱を実施するために設立した探鉱子会社です。
 住友金属鉱山は、探鉱事業の結果、保有鉱区における商業開発の可能性は低いと判断し、撤退することにしたものです。JOGMECは、平成22年3月1日、住鉱ソロモンに対して1.2億円の探鉱出資(30%の株式取得)を実行していました。

出資先会社の概要(平成29年7月末現在)

名称 住鉱ソロモン探鉱株式会社
設立 平成22年2月22日
代表取締役社長 関根亮太氏
資本金 4億円
株主構成 住友金属鉱山株式会社 70%、JOGMEC 30%

ソロモン諸島国位置図

ソロモン諸島国位置図
この記事に関するお問い合わせ先

金属ファイナンス部  橋本 

TEL 03-6758-8029

総務部広報課  乾 

TEL 03-6758-8106