ホーム >  ニュースリリース >  2018年度 >  「LNGバリューチェーン研修」の実施~政府の推進する柔軟かつ透明性の高いLNG市場の育成・発展に向け~

「LNGバリューチェーン研修」の実施
~政府の推進する柔軟かつ透明性の高いLNG市場の育成・発展に向け~

2018年6月18日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)は、政府の推進する柔軟かつ透明性の高いLNG市場の育成・発展に向けた政策への貢献の一環として、JOGMECの産油国技術者研修等事業において初めての取り組みとなる「LNGバリューチェーン研修」を実施します。
 本研修は、今後LNG需要の増大が見込まれるアジア諸国の政府関係者に対し、LNGバリューチェーンや、LNG受入基地関連技術に関する必要な基礎知識を幅広く習得することを主眼として行われるものです。
 JOGMECの産油国技術者研修等事業は、わが国の資源外交に貢献し、産油ガス国等との関係強化を図ることを目的として、JOGMEC技術センターにて実施されている事業です。本事業では、エネルギー消費国として、産油ガス国の長期的かつ安定的な生産・供給体制をサポートするために石油開発技術に関する研修を行っています。また、政府の推進する流動的な LNG 市場の育成・発展に向けた研修を行うことにより、エネルギー生産国・消費国との関係をさらに強化することを目指しております。

 今回の「LNGバリューチェーン研修」は、本年6月および8月にそれぞれ約2週間の予定で、JOGMECとして初めての取り組みとして、政府の推進する柔軟かつ透明性の高いLNG市場の育成・発展に貢献するために実施するものです。研修参加者は今後LNG需要の増大が見込まれるアジア諸国9カ国の政府関係者(インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、インド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ(順不同)各国3名、合計27名程度)であり、LNGバリューチェーンの基本概念や、LNG受入基地関連技術、関連法制度、世界のLNG需給、プロジェクト・ファイナンス等、当該国における受入基地設置および天然ガスの活用に必要な基礎知識を幅広く習得することを主眼としています。なお本研修は、昨年10月のLNG産消会議2017にて、世耕経済産業大臣が表明したアジアでのLNG需要の立ち上げに向けた500名の人材育成への協力の一部として実施するものです。

日程・実施者

第1回:2018年6月18日~29日 講義業務実施者:株式会社JERA
第2回:2018年8月6日~17日 講義業務実施者:(選定中)
(注) 講義業務実施者は公募によって選定されています。

 また、産油国技術者研修等事業では、研修を行うだけでなく、研修参加者に対し日本文化を体験してもらう機会を提供するなど、わが国への理解をより一層深めるとともに、日本に対する親近感や信頼感の醸成にも繋がるよう事業を実施しています。JOGMECは、今後も本研修事業を通じ、エネルギー生産国・消費国との関係構築・強化に貢献してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

管理・研修部研修企画課早川

電話 043-276-4434

総務部広報課

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.