ホーム >  ニュースリリース >  2019年度 >  フィリピン技術者の日本受入研修を実施~休廃止鉱山や小規模採掘における鉱害防止対策の推進に寄与~

フィリピン技術者の日本受入研修を実施
~休廃止鉱山や小規模採掘における鉱害防止対策の推進に寄与~

2019年10月31日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、10月2日(水)から10月13日(日)まで、フィリピン共和国環境天然資源省鉱山地球科学局との合意書に基づいて日本受入研修を実施し、鉱山地球科学局の本部及び地方局から技術者8名が参加しました。
 本研修では、日本の鉱害防止対策の歴史や制度等について紹介するとともに、日本国内の休廃止鉱山坑廃水処理施設等の現場において技術研修を実施しました。また、水銀汚染対策をより有効に進めるため、フィリピンの小規模採掘における水銀分布調査に関する講義や水俣病に関する講義のほか、水銀廃棄物の回収リサイクルを実施する施設(野村興産株式会社:イトムカ鉱業所)の見学を実施しました。研修生からは、坑廃水処理施設や水銀リサイクル施設等に非常に高い関心が示されました。

 研修最終日に行った成果報告会では、この研修を通して学び・感じたことを研修生同士で共有し、本研修が自国の鉱害防止対策の将来を考えていく上で、非常に意義のあるものであったこと、また、研修内容に対して高い評価を受けるとともに、滞在期間中に交流した日本人の親切な対応などについて好印象であった旨のコメントを受けました。

 JOGMECは今後も環境保全等技術協力事業を通じ、フィリピンの鉱害防止対策の推進に協力し、2国間の関係の強化に繋げ、日本への鉱物資源の安定供給に貢献してまいります。


  • オリエンテーション

  • 日本の鉱害防止対策事例に関する講義

  • 旧松尾鉱山新中和処理施設見学(岩手県八幡平市)

  • 宝倉鉱山新沢処理場見学(秋田県大館市)

  • イトムカ鉱業所見学(北海道北見市)

  • 研修報告会

この記事に関するお問い合わせ先

金属環境事業部 企画課平井、砂田、佐藤

電話 03-6758-8543

総務部 広報課高橋

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.