ホーム >  ニュースリリース >  2020年度 >  鹿島液化ガス共同備蓄基地における作業員の負傷について

鹿島液化ガス共同備蓄基地における作業員の負傷について

2020年11月16日

 令和2年11月13日(金)正午頃、JOGMEC(本部:東京都港区 理事長:細野 哲弘)が50%出資する鹿島液化ガス共同備蓄株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:舟木 隆)の鹿島事業所(茨城県神栖市)において、協力会社作業員が、外航桟橋ローディングアーム点検整備工事に伴う鋼材(廃材)運搬作業中に体勢を崩して転倒し、持っていた鋼材(廃材)が階段を滑り落ち、階段下の別の作業員に当たり右足を負傷しました。
 事故後、負傷した作業員は病院において診察・治療を受けたところ、右足甲・踝・踝下の骨折により、2ヶ月の治療が必要と見込まれています。
 なお、同作業員は命に別状はありません。
 今後、JOGMECでは同種事故の再発防止に万全の対策を講じて参ります。

1. 発生日時

令和2年11月13日(金)正午頃

2. 発生場所

鹿島液化ガス共同備蓄株式会社 鹿島事業所 外航桟橋

3. 発生概要

 上記日時、協力会社作業員が外航桟橋ローディングアーム点検整備工事に伴う鋼材(廃材)運搬作業中に体勢を崩して転倒し、持っていた鋼材(廃材)が階段を滑り落ち、階段下の別の作業員に当たり右足を負傷したもの。

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部

福島

電話 03-6758-8199

高山

電話 03-6758-8134

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.