ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2013年度 >  地熱発電事業2案件に対し初めての債務保証を実施

地熱発電事業2案件に対し初めての債務保証を実施

2014年3月27日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、つちゆ温泉エナジー株式会社による福島県福島市土湯温泉での「土湯温泉バイナリー地熱発電事業」および西日本環境エネルギー株式会社による大分県玖珠郡九重町での「菅原バイナリー地熱発電事業」の2案件について、初めての地熱発電の債務保証対象事業として採択しました。

  1. つちゆ温泉エナジー株式会社は、福島県福島市土湯温泉で発電規模400キロワットの水冷式バイナリー方式の地熱発電所の建設を決定しました。建設資金の一部(557百万円)を福島信用金庫から長期借入で調達し、JOGMECはこの借入の80%に対する債務を保証するものです。
  2. 西日本環境エネルギー株式会社は大分県玖珠郡九重町で発電規模5,000キロワットの空冷式バイナリー方式の地熱発電所の建設を決定しました。建設資金の一部(4,000百万円)を株式会社みずほ銀行および日本生命保険相互会社から長期借入で調達し、JOGMECはこの借入の80%に対する債務を保証するものです。
  3. JOGMECは平成24年9月から地熱資源に関する調査助成や技術開発等による支援事業を進めてきましたが、この2案件は初めての債務保証対象事業となります。

「土湯温泉バイナリー地熱発電事業」の概要

1.事業概要

 本事業は、福島県福島市土湯温泉の湯遊つちゆ温泉協同組合が中心に推進している事業であり、孫会社のつちゆ温泉エナジー株式会社(地熱発電事業用特定目的会社。以下、「事業者」という。)が既存温泉井を用いて発電規模400キロワットの地熱発電事業を行うもの。

2.事業者概要

(1)事業者 つちゆ温泉エナジー株式会社(代表取締役社長 加藤勝一)
(2)株主 株式会社元気アップつちゆ 100%(株主:湯遊つちゆ温泉協同組合90%、
NPO土湯温泉観光まちづくり協議会10%)
(3)会社設立日 平成25年10月11日
(4)会社所在地 福島県 福島市 土湯温泉町字上ノ町 1
(5)建設予定地 福島県 福島市 土湯温泉地区

3.発電事業概要

(1)発電規模・方式 発電端400キロワット、送電端350キロワット
水冷式バイナリー方式(使用媒体:ペンタン)
(2)売電先 固定価格買取制度を活用し東北電力株式会社に売電予定
(3)建設期間 平成26年7月~平成27年6月
(4)運転開始 平成27年7月

4.債務保証の対象

(1)資金調達 福島信用金庫から長期借入557百万円を調達
(2)債務保証額 長期借入557百万円に対してJOGMECは80%の債務保証を実施

(国土地理院 電子国土Web)

(国土地理院 電子国土Web)

「菅原バイナリー地熱発電事業」の概要

1. 事業概要

 本事業は、大分県玖珠郡九重町菅原地区にて、西日本環境エネルギー株式会社(以下、「事業者」という。)が、九重町の所有する既存地熱井を活用して発電規模5,000キロワットの地熱発電事業を行うもの。

2. 事業者概要

(1)事業者 西日本環境エネルギー株式会社(代表取締役社長 松尾武)
(2)株主 九州電力株式会社 100%
(3)会社設立日 平成2年11月5日
(4)会社所在地 福岡県 福岡市 白金一丁目17番8号
(5)建設予定地 大分県 玖珠郡 九重町 菅原地区

3. 発電事業概要

(1)発電規模・方式 発電端5,000キロワット、送電端4,000キロワット
空冷式バイナリー方式(使用媒体:ペンタン)
(2)売電先 固定価格買取制度を活用し九州電力株式会社に売電予定
(3)建設期間 平成26年3月~平成27年3月
(4)運転開始 平成27年3月

4. 債務保証の対象

(1)資金調達 株式会社みずほ銀行および日本生命保険相互会社から長期借入4,000百万円を調達
(2)債務保証額 長期借入4,000百万円に対してJOGMECは80%の債務保証を実施

(国土地理院 電子国土Web)

(国土地理院 電子国土Web)

参考:九重町では、3地熱発電所(八丁原、滝上、大岳)が運転中で、地熱資源開発が積極的に行われている。

この記事に関するお問い合わせ先

地熱部 地熱開発課  木田 

TEL 03-6758-8001

総務部 広報課   西川 

TEL 03-6758-8106