ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2014年度 >  苫小牧東港中央水路における死亡事故について

苫小牧東港中央水路における死亡事故について

2014年5月26日

 JOGMEC(本部:東京都港区 理事長:河野博文)が50%出資する北海道石油共同備蓄株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:長崎正) が発注した桟橋工事において、使用する交通船(第16松栄丸)の船長が、5月25日8時45分頃、苫小牧東港中央水路岸壁と停泊中の同船との間の海面で発見されました。直ちに病院に救急搬送されましたが、同日10時25分、病院にて死亡が確認されました。原因については、現在警察等関係官署で調査中です。
 ご冥福をお祈り申し上げるとともに、ご遺族に対し深くお悔み申し上げます。

  1. 発生日時:平成26年5月25日(日)午前8時45分頃
  2. 発生場所:苫小牧東港中央水路 船溜
  3. 発生概要:北海道石油共同備蓄株式会社が発注した既設桟橋の工事において、当該工事に使用している交通船の船長が、苫小牧東港中央水路船溜の岸壁と係留中の当該交通船との間の海面で発見されました。 直ちに苫小牧市立病院へ緊急搬送されましたが、同日10時25分、搬送先の病院で死亡が確認されました。

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部  洲之内 

TEL 03-6758-8580

資源備蓄本部  林 

TEL 03-6758-8033