ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2014年度 >  米国エネルギー技術研究所とMOU締結~メタンハイドレート陸上産出試験の実現に向け協調~

米国エネルギー技術研究所とMOU締結
~メタンハイドレート陸上産出試験の実現に向け協調~

2014年11月6日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、2014年11月6日(木)、米国エネルギー省(DOE)傘下のエネルギー技術研究所(NETL:米国ウェストバージニア州、所長:Dr. Grace M. Bochenek)との、メタンハイドレート陸上産出試験の実現に向けた協同作業実施に関する覚書(MOU:Memorandum of Understanding)に調印いたしました。

 JOGMECは、本MOUに基づき、米国アラスカ州でのメタンハイドレートの長期陸上産出試験の実現に向けて、米国NETLと協調して、計画立案、現地調査、探鉱調査を含む、様々な検討・準備作業を実施してまいります。

MOUの概要

当事者 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(JOGMEC:Japan Oil, Gas and Metals National Corporation)
米国エネルギー技術研究所
(NETL:National Energy Technology Laboratory)
目的 アラスカ州でのメタンハイドレート陸上産出試験の実現に向けた協同作業実施
有効期間 約5年間

MOU調印式(左から、河野理事長、宮沢経済産業大臣、ケネディ駐日米国大使、スミス米国DOE首席次官補代理)

MOU調印式(左から、河野理事長、宮沢経済産業大臣、
ケネディ駐日米国大使、スミス米国DOE首席次官補代理)

この記事に関するお問い合わせ先

メタンハイドレート研究開発グループ  川本・長田 

TEL 043-276-4432

総務部広報課  西川 

TEL 03-6758-8106