ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2014年度 >  第7回石炭投資促進セミナーを開催

第7回石炭投資促進セミナーを開催

2015年2月6日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、2月5日、クィーンズランド州政府駐日事務所において、スラットベイスンにおける鉄道開発計画や、現地企業による豪州の炭鉱開発の現状に関する最新情報を提供する「第7回石炭投資促進セミナー」を開催しました。

 JOGMECは、これまで産炭国主要政府機関の要人や石炭開発企業の役員等を招き、主要産炭国の石炭開発状況や石炭政策の動向等について講演等を通じ情報提供を行う「石炭投資促進セミナー」を開催してきました。

 今回は2013年9月に豪州クィーンズランド州と締結した包括的・戦略的パートナーシップに係る覚書の一環として、クィーンズランド州政府と共催で、今後新たな石炭生産地域として期待される、クィーンズランド州スラットベイスン地域をテーマにセミナーを開催しました。

 本セミナーでは別添のプログラムの通り、スラットベイスンで石炭の探鉱プロジェクトを保有しているStanmore Coal社のCEO、Nick Jorss氏に投資案件の現状をご紹介いただき、また、同地域で鉄道の開発を計画しているATEC Rail Group社のManaging Director、John Balassis氏に同計画の進捗状況について話を伺いました。同地域は、クィーンズランド州の新たな石炭生産地域として期待されていますが、輸送手段が整備されていないことが課題となっており、インフラを含めた今後の開発計画が注目されています。

 スラットベイスンでは日本企業が参画するプロジェクトが複数ある他、JOGMECも2013年12月にStanmore社と共同探鉱契約を締結し、スラットベイスン・クリフォード地域において探査活動を継続しています。着火性の良い高品質な一般炭の賦存が期待されており、本プロジェクトが開発に繋がれば、日本向けの良質な一般炭の確保に貢献することになります。

 本セミナーには資源エネルギー関連会社、セメント会社、商社、公的機関、報道関係者等、総勢23名の石炭事業関係者が参加するセミナーとなりました。参加者からは鉄道開発スタートの必要条件となる石炭価格水準等について、質疑が行われ、日本企業の関心の高さが感じられました。また、講演後のネットワーキングレセプションでは石炭関係者間での活発な意見交換が行われました。

  • Stanmore Coal社:Mr. Nick Jorss, CEO

    Stanmore Coal社:Mr. Nick Jorss, CEO

  • ATEC Rail Group社:Mr. John Balasis, Managing Director

    ATEC Rail Group社:Mr. John Balasis, Managing Director

 JOGMECは今後もセミナー・調査等の実施により、民間企業等に有益な情報等を提供したいと考えています。

 ※2月2日に予定しておりました第6回石炭投資促進セミナーは講演者の都合により延期となりました。関係各位にはご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。同様のテーマのセミナーを再度企画する予定でおりますので、日程等が決まりましたらJOGMEC石炭開発部HP及びメールマガジン「JOGMEC石炭通信」でお知らせいたします。

プログラム

平成27年2月5日(木) 於:クィーンズランド州政府 駐日事務所 15階 会議室

15:00~15:10 開会の挨拶 クィーンズランド州政府 駐日代表 安達
15:10~16:30

Stanmore Coal社投資案件の現状
Stanmore Coal社CEO、Nick Jorss氏
質疑応答(逐次通訳有)

16:30~17:50

将来の有望な地域として期待されているSurat Basinの鉄道開発計画の進捗
ATEC Rail Group社Managing Director、John Balassis氏
質疑応答(逐次通訳有)

17:50~18:00

閉会の挨拶 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
石炭開発部 部長 池田 肇

18:00~19:00 ネットワーキングレセプション
【主催】クィーンズランド州政府 駐日事務所
  独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

JOGMEC石炭開発部の情報提供について

この記事に関するお問い合わせ先

石炭開発部石炭開発課  望月 

TEL 03-6758-8187

総務部広報課  西川 

TEL 03-6758-8106