ニュースリリース
ホーム >  ニュースリリース >  2015年度 >  カナダで原料炭の共同探鉱契約を締結~北米で初めての石炭JV調査を開始~

カナダで原料炭の共同探鉱契約を締結
~北米で初めての石炭JV調査を開始~

2015年4月14日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、2015年4月8日、カナダの石炭会社であるアルティチュード・リソーシズ社とカナダ・パリセイド地域を対象とした共同探鉱契約を締結しました。JOGMECは、2013年度に石炭の共同探鉱(JV調査)制度を設置し、現在までにオーストラリアで3件のJV調査を展開しています。本件は、オーストラリア以外での初めての案件で、原料炭供給源の多様化に貢献することが期待されます。

 カナダ・アルバータ州の西部に位置するパリセイド地域は、原料炭のポテンシャルが高いロッキー山脈の丘陵地帯にあります。
 我が国は原料炭輸入量の約5割をオーストラリア、約3割をインドネシアに依存しています。本プロジェクトが開発に繋がれば、我が国への原料炭供給源の多様化に寄与するとともに、我が国の資源セキュリティの観点からも大きな効果が期待されます。

プロジェクトの概要

対象地域

 対象地域はカルガリーの北西約350kmに位置し、7鉱区(合計約117km2)から構成され、過去に行われた調査により、石炭層の存在が既に確認されている。対象地域の周辺は、原料炭の操業炭鉱であるCheviot炭鉱(Teck Coal社)やSummit Coal鉱床(Maxim Power社)等が存在する原料炭の賦存ポテンシャルが高い地域である。

契約内容

 JOGMECは2年間で300万カナダドルの探鉱費用を負担することで、本プロジェクトの31.875%の権益を取得することができる。また、その後1年間で180万カナダドルの探鉱費を負担した場合、さらに19.125%(合計51%)の権益を追加できる。なお、JOGMECは、本プロジェクトの契約者としての地位や取得した権益を日本企業にいつでも譲渡できる権利を有する。

調査内容

 対象地域では、これまでにアルティチュード・リソーシズ社及びその他の鉱業権者等が60孔程度のボーリングを実施しており、優勢な石炭層の賦存を確認している。対象地域の一部では地表付近で石炭層が捕捉されており、露天掘りによる開発の可能性も期待される。

アルティチュード・リソーシズ社について

 アルバータ州で4案件の石炭探査を行う石炭探鉱企業で、カルガリーに拠点を置く。2013年にTSX-V(トロント証券取引所のベンチャー企業部門)に上場している。Elanプロジェクト等、原料炭を中心に探鉱活動を実施している。

パリセイド地域の位置

パリセイド地域の位置

この記事に関するお問い合わせ先

石炭開発部  荒井・村本 

TEL 03-6758-8389

総務部広報課  伊藤 

TEL 03-6758-8106