ホーム >  ニュースリリース >  2018年度 >  神栖国家石油ガス備蓄基地における協力会社社員の負傷について

神栖国家石油ガス備蓄基地における協力会社社員の負傷について

2018年9月4日

 平成30年9月3日(月)午前9時50分頃、JOGMEC(本部:東京都港区虎ノ門二丁目10番1号理事長:細野 哲弘)が国から委託を受けて管理しております神栖国家石油ガス備蓄基地(茨城県神栖市奥野谷6225番40)におきまして、JOGMECが同基地の操業管理を委託している鹿島液化ガス共同備蓄株式会社(本社:東京都中央区日本橋茅場町二丁目8番4号 代表取締役社長:西田 享平)鹿島事業所の協力会社社員(21才男性)が、点検整備のため、BOG(Boil Off Gasの略:外部からの自然入熱などにより気化したガス)圧縮機のカバーを取り外し、枕木に載せた際、バランスを調整しつつ、移動させていたところ、同カバー下に入れていた右手人差し指を床面との間に挟み負傷しました。
 同社員は病院での診察の結果、右手人差し指末節開放骨折及び圧挫創と判明し、全治約1ヶ月との診断を受けました。
 今後、JOGMECでは同種事故の再発防止に万全の対策を講じて参ります。

1.発生日時

平成30年9月3日(月) 午前9時50分頃

2.発生場所

神栖国家石油ガス備蓄基地(茨城県神栖市奥野谷6225番40)構内

3.発生概要

 上記日時、同基地構内のBOG圧縮機建屋内において、協力会社社員(21才男性)が、点検整備のため、圧縮機のカバーを取り外し、枕木に載せた際、バランスを調整しつつ移動させていたところ、同カバー下に入れていた右手人差し指を床面との間に挟み負傷(開放骨折、圧挫創)したもの。

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部  原田 

電話 03-6758-8569

宮沢 

電話 03-6758-8305

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.