ホーム >  ニュースリリース >  2020年度 >  豪州ニューサウスウェールズ州と石炭投資セミナーを開催

豪州ニューサウスウェールズ州と石炭投資セミナーを開催

2020年10月7日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、2020年9月30日、豪州ニューサウスウェールズ州政府と、州政府が進めている新石炭政策とIPC改革をテーマに、石炭投資セミナーを開催し、活発な意見交換が行われました。

セミナー実施時の様子

 日本と豪州ニューサウスウェールズ州(「NSW州」)は、石炭、銅、アルミ等天然資源の貿易取引において、長い歴史を有しています。中でもNSW州のハンターバレー地域は、日系電力会社が長年高品位一般炭を輸入しており、日本のエネルギー政策上大変重要な地域と言えます。

 これを踏まえて、JOGMEC大岡部長から石炭に係わる日本とNSW州との関係、日本企業の投資状況等について講演を行うとともに、NSW州政府が現在進める以下の重要な2つの資源・石炭政策について解説しました。

(1) 新石炭政策「Strategic Statement on Coal Exploration and Mining in NSW」
(講演:Michael Wright氏、Alex King氏)
2020年6月、NSW州政府が新たに公表した石炭政策で、将来において石炭を重要な産業と位置づけると同時に、新規炭鉱開発(8炭鉱)も計画。
(2) IPC(Independent Planning Commission、独立計画局)の改革
(講演:Mike Young氏)
大型資源案件に関する許認可を行う独立審査機関・IPCに対して、判断の透明性・一貫性、審査の効率性を向上するため、抜本的な改善策を導入。

 また、今回セミナーにおいてはWEB方式を採用することで、よりタイムリーなテーマを取上げることが可能となり、さらに日本だけでなく、豪州(シドニー)の日系企業からも直接参加できるようになりました。この結果、商社、鉄鋼、電力、資源会社等の日本企業から100名以上参加が得られ、活発な意見交換が行われました。

 なお、JOGMECはNSW州政府とこれまで日本の投資を一層促進する目的から、2017年9月「包括的・戦略的パートナーシップに係る覚書(MOU)」を締結し、また2019年12月には金属・石炭投資セミナーを日本で開催して来ました。

 今後とも皆様からのご要望、ご意見等を踏まえ、セミナー・調査等により有益な情報を提供する所存です。

石炭資源開発に係る最新情報提供について

写真

JOGMEC 大岡 石炭開発部長(左上)、講師 Michael Wright氏(右上)、講師 Alex King 氏(左下)、講師 Mike Young氏(右下)

この記事に関するお問い合わせ先

石炭開発部石炭開発課望月

電話 03-6758-8002

総務部広報課高橋

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.