ホーム >  ニュースリリース >  2012年度 >  三菱商事のカナダモントニー地域におけるシェールガス開発事業への債務保証について

三菱商事のカナダモントニー地域におけるシェールガス開発事業への債務保証について

2012年8月13日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)の子会社Cutbank Dawson Gas Resources Ltd.(以下「CDGR社」)がカナダブリティッシュ・コロンビア州モントニー地域において推進するシェールガス開発事業について、債務保証対象事業として採択し、8月10日に債務保証関連契約を締結しました。
 JOGMECの債務保証は、CDGR社に対して、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社みずほコーポレート銀行が貸付を予定している合計限度額19.5億カナダドルを対象とするものです。両行からの貸付は、株式会社国際協力銀行との協調融資(総限度額26億カナダドル)で、 JOGMECは、貸付総額の75%相当額を債務保証することになります。
 CDGR社は、平成24年2月、カナダ最大手の天然ガス事業者Encana Corporationから、モントニー地域でシェールガスを中心とした天然ガス開発プロジェクトを推進するカットバンク・リッジ・パートナーシップの40%権益を取得しました。
 また、JOGMECは、本件とは別に、同じく三菱商事が推進する同州コルドバ地域でのシェールガス開発事業に対して出資及び債務保証(※)を通じて支援しています。
 さらに、三菱商事は、シェルカナダ、韓国ガス公社、中国石油天然気とともに、同州キティマット港周辺において年間1,200万トンの液化能力を有するLNG輸出基地を共同で開発する計画(以下「LNGカナダ・プロジェクト」)を発表しています。
 JOGMECの支援するモントニー、コルドバ両地域のシェールガス開発事業により生産される天然ガスは、LNGカナダ・プロジェクトを通じて、LNGとして日本へ輸出される見込みであり、天然ガス供給源の多様化に寄与するとともに、我が国のエネルギーセキュリティ上の大きな効果が期待されています。

以上


(※)同プロジェクトでは、オペレーターであるPenn West Explorationと三菱商事の子会社であるCordova Gas Resources Ltd.がそれぞれ50%の権益を保有。JOGMECは、Cordova Gas Resources Ltd.を債務保証対象として、同社の株式67.5%を保有するShale Gas Investment B.V.を出資対象として、それぞれ採択。

債務保証先会社の概要

名称: CutbankDawsonGasResourcesLtd.
(カットバンク・ドーソン・ガス・リソーシズ・エルティーディー)(CDGR社)
設立年月日: 平成24年1月31日
本社所在地: カナダアルバータ州カルガリー
CEO: 宮崎信也氏 
株主構成: ShaleGasInvestmentCanadaLtd.
(シェール・ガス・インヴェストメント・カナダ・エルティーディ、三菱商事の100%子会社)

カットバンク・リッジ・パートナーシップ(Cutbank Ridge Partnership)における権益保有比率

権益保有者 権益比率
EncanaCorporation及びその子会社 60%
CDGR社 40%

採択の内容

採択年月日: 平成24年8月2日
債務保証見込額: 19.5億カナダドル(借入総額26億カナダドルの75%)
採択理由:  本プロジェクトについては、(1)技術的事項、(2)経済的事項、(3)政策的事項、(4)事業実施関連事項等の観点から構成されるJOGMECの採択審査基準を満たすと判断されることから、債務保証対象事業として採択することとした。 
 また、期待される天然ガス埋蔵量が大きいこと、保証対象事業の事業実施者の権益比率が30%以上であることから、75%債務保証案件として採択することとした。 
 なお、本件の採択に際しては、経済産業大臣と協議し、同意を得ている。 

プロジェクト位置図

プロジェクト位置図 画像

この記事に関するお問い合わせ先

事業推進部業務課松本、乾

電話 03-6758-8218

広報担当:総務部植松

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.