ホーム >  ニュースリリース >  2012年度 >  大分液化ガス共同備蓄基地における作業員の死亡について

大分液化ガス共同備蓄基地における作業員の死亡について

2012年10月25日

 JOGMEC(本部:東京都港区 理事長:河野博文)が50%出資する大分液化ガス共同備蓄株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:金子均)の大分事業所(大分県大分市)において、協力会社作業員の死亡事故が発生いたしました。
 お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、謹んで哀悼の意を表させていただきます。

  1. 発生日時:平成24年10月25日(木) 午前10時頃
  2. 発生場所:同社大分事業所内航桟橋
  3. 発生概要:協力会社作業員(39歳)が内航桟橋ローディングアームの塗装工事完了に伴う足場解体作業中に落下しました。直ちに救急搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

以上

この記事に関するお問い合わせ先

資源備蓄本部安原

電話 03-6758-8034

石川

電話 03-6758-8033

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.