ホーム >  ニュースリリース >  2012年度 >  国際石油開発帝石のオーストラリアイクシスLNGプロジェクトに係る債務保証(完工保証)採択について

国際石油開発帝石のオーストラリアイクシスLNGプロジェクトに係る債務保証(完工保証)採択について

2012年12月18日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野 博文)は、国際石油開発帝石株式会社(以下「INPEX」)が豪州で操業主体(オペレーター)として進めるイクシスLNGプロジェクトについて、債務保証(プロジェクトファイナンスにおける完工保証)対象として採択し、12月18日に完工保証関連諸契約を締結しました。
 イクシスLNGプロジェクトは、我が国企業が主導する初の大型LNG(液化天然ガス)開発プロジェクトとして、INPEXがインペックス・イクシス社など豪州グループ会社を通じてプロジェクトパートナーとともに進めているイクシスガス・コンデンセート田の開発事業です。

 本プロジェクトでは西豪州沖合に位置するイクシスガス・コンデンセート田より産出される天然ガスを、全長約889kmのガス輸送パイプラインにて北部準州のダーウィンに輸送し、陸上に建設するLNGプラントで液化する計画です。これにより、年間840万トンのLNG、年間160万トンのLPG、及び日量約10万バレル(ピーク時)のコンデンセートの生産・出荷を行うもので、2016年末までの生産開始を予定しています。

 今般、総額200億米ドルを限度とするプロジェクトファイナンスに係る融資関連契約が調印され、このプロジェクトファイナンスにおいて、JOGMECは、INPEXが権益比率に応じて負担する完工保証の一部について、20億米ドルを上限として、完工保証を引き受けることとなります。

 イクシスLNGプロジェクトから生産されるLNGの約7割相当が日本向けに供給される予定であり、我が国へのエネルギー安定供給に大きく貢献することが見込まれるとともに、INPEXがオペレーターとして本プロジェクトを推進することにより、我が国企業の国際的競争力強化に資することが期待されます。

以上 


事業実施会社の概要

名称: インペックス・イクシス社(INPEX Ichthys Pty Ltd)
(イクシスガス・コンデンセート田の権益保有者)
設立年月日: 平成23年4月5日
本社所在地: オーストラリア西豪州 パース市
代表者: Director 伊藤成也 氏
株主構成: 国際石油開発帝石株式会社の100%間接子会社 

プロジェクト参加割合(子会社保有分を含む)

INPEX(オペレーター) 66.070%
トタール社(仏) 30.000%(このうち、INPEXから譲渡する6%権益については契約上の先行条件の充足が条件)
東京ガス株式会社 1.575%
大阪ガス株式会社 1.200%
中部電力株式会社 0.735%
東邦ガス株式会社 0.420%

採択の内容

採択年月日: 平成24年6月26日
完工保証限度額: 20億米ドル
採択理由: 本事業については、(1)技術的事項、(2)経済的事項、(3)政策的事項、(4)事業実施関連事項等の観点から構成されるJOGMECの採択審査基準を満たすと判断されることから、債務保証対象事業として採択することとした。
なお、本件の採択に際しては、経済産業大臣と協議し、同意を得ている。

鉱区位置図

鉱区位置図

この記事に関するお問い合わせ先

事業推進部業務課松本、乾

電話 03-6758-8218

広報担当: 総務部広報課植松

電話 03-6758-8106

(法人番号 4010405009573)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 
虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000
Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.