石油・天然ガス開発

出資制度の概要

対象事業

石油等の探鉱及び採取

石油及び可燃性天然ガス(オイルサンド、オイルシェールを含む。)の探鉱及び採取に必要な資金。

可燃性天然ガスの液化

海外における可燃性天然ガスの液化に必要な資金。

石油等の権利譲受け(資産買収事業)

石油等の採取をする権利その他これに類する権利を有する者からこれらの権利を譲り受けてその採取を行う場合におけるこれらの権利の譲受けに必要な資金及びこれらの権利に基づく採取を開始するために必要な資金。

海外事業法人買収等(企業買収事業)

石油等の探鉱及び採取並びに可燃性天然ガスの液化をするために必要な資金であって、海外事業法人の株式の全部又は一部を取得するために必要な資金及び海外事業法人が事業を実施するにあたり必要不可欠な資金。

対象地域

海外及び本邦周辺の海域(可燃性天然ガスの液化は海外のみ)

相手方

1) 日本法人
2) 日本法人が直接的又は間接的に議決権の全部を保有している外国法人
のいずれかであって、石油等の探鉱・採取または可燃性天然ガスの液化を行う者(事業に必要な資金を供給する者を含む。)。

出資比率

石油等の探鉱及び採取
必要な資金の2分の1を限度とする。
ただし、石油等の探鉱にあっては、特に必要な場合は4分の3を限度とする。

可燃性天然ガスの液化
必要な資金の2分の1を限度とする

石油等の採取(資産買収事業)
必要な資金の2分の1を限度とする。

海外事業法人買収等(企業買収事業)
必要な資金の2分の1を限度とする。

出資スキーム

出資スキーム

出資に関する手続きの流れ

出資に関する手続きの流れ

関連基準等