石油・天然ガス開発
ホーム >  石油・天然ガス開発 >  技術開発 >  メタンハイドレート開発技術

メタンハイドレート開発技術

メタンハイドレートの資源としての可能性を追求

 メタンハイドレートは、資源に乏しい日本にとって国産エネルギーとなることが期待されており、我が国の周辺海域にも、多く存在すると推定されています。

 このメタンハイドレートを資源として開発するため、2001年7月に経済産業省によって「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」(以下「開発計画」)が策定されました。開発計画は2001年度から2018年度の18年間に及ぶ長期計画(当初計画では、2016年度までの16年間であったが2008年度の中間評価時に変更)であり、次の6つの目標が設定されています。

  1. 日本周辺海域におけるメタンハイドレート賦存状況と特性の明確化
  2. 有望メタンハイドレート賦存海域のメタンガス賦存量の推定
  3. 有望賦存海域からのメタンハイドレート資源フィールドの選択、並びにその経済性の検討
  4. 選択されたメタンハイドレート資源フィールドでの産出試験の実施
  5. 商業的産出のための技術の整備
  6. 環境保全に配慮した開発システムの確立

上記目標を達成するために、開発計画は3段階のフェーズ・アプローチを提案しています。2001年度から2008年度までの8年間をフェーズ1として、上記1.2.3.の目標を達成しました。2009年度から2015年度までの7年間のフェーズ2.では、4.の目標を達成するために研究を実施しています。
JOGMECは、開発計画を実行するために結成されたメタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(MH21研究コンソーシアム)の一員として研究に取り組んでいます。

フェーズ2(2009-2015)

 フェーズ1の研究結果を基に、2009年度よりフェーズ2を開始しました。2013年3月、世界で初めて海洋においてメタンハイドレートからのガス生産実験を行いました。

目標

  • 海洋産出試験の実施による生産技術の実証と商業的産出のための技術課題の抽出
  • 経済的かつ効率的な採収法の提示
  • 日本周辺海域でのメタンハイドレート賦存状況の把握
  • 海洋産出試験を通じた環境影響評価手法の提示
  • 日本周辺海域のメタンハイドレート層が安全かつ経済的に開発できる可能性の提示

メタンハイドレート海洋産出試験を実施

 メタンハイドレート海洋産出試験は3年度にわたり実施いたしました。
 平成24年2月から3月にかけて、事前掘削作業として生産井やモニタリング井の坑井掘削を行い、同年6月から7月には、メタンハイドレート層から、地下の圧力を保持してハイドレートの状態を保ったコアサンプル(地質試料)の採取作業を行いました。
 平成25年1月28日から開始した平成24年度現場作業では、掘削、実験機器設置等の準備作業を経て、同年3月12日から18日までの約6日間にわたってメタンハイドレート分解によるガス生産実験を実施し、実験海域におけるメタンハイドレートの生産挙動に係るデータを取得することができました。
 今回の試験は、商業生産ではなく、調査段階の実験作業ですが、今後、実験データの評価を踏まえて、今後の海洋産出試験(中長期)の計画や、将来の商業生産に向けた技術基盤の整備(フェーズ3:平成28~平成30年度を予定)を進めていく予定です。

メタンハイドレート海洋産出試験の概要

作業期間

平成24年2月~平成25年8月(事前掘削作業、ガス生産実験、廃坑作業を含む)

作業地点

渥美半島~志摩半島沖(第二渥美海丘)

事業主

経済産業省

関係者

JOGMEC(実施主体)、JAPEX(オペレータ)

使用船舶

地球深部探査船「ちきゅう」

ガス生産量

  • 累計ガス生産量:約12万立方メートル
  • 平均ガス生産量:約 2万立方メートル/日
  • ガス生産期間:約6日間

経緯

【平成24年】

2月15日 事前掘削作業開始
3月26日 事前掘削作業を終え、清水港到着
6月29日~7月4日 圧力コア採取作業

【平成25年】

1月28日 試験海域にてガス生産実験のための準備作業を開始
3月12日 ガス生産実験を開始
同日 メタンハイドレート層からのガスの産出を確認
3月18日 ガス生産実験を終了
4月1日 清水港到着
8月1日 モニタリング坑井廃坑等作業を開始
8月14日 モニタリング坑井廃坑等作業を終了

 ※メタンハイドレート資源開発研究に関します詳細は、「メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(MH21)」のホームページ(http://www.mh21japan.gr.jp/)をご参照ください。

メタンハイドレート