JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

地熱開発のさらなる推進

 地熱は、発電時のCO2排出量がほぼゼロのクリーンな再生可能エネルギーであり、かつ天候等の自然条件に左右されず安定的に発電することが可能なベースロード電源です。2050年カーボンニュートラルの達成に向けて、調査・探査・開発中の案件を着実に進めていくとともに、新規案件の開拓に向けた取組や技術開発などを加速化させていきます。

国内地熱ポテンシャル調査による新規プロジェクト開拓

計画  国内の有望地域において、地下の地質状況や温度構造等、地熱の有望性の検討に資するデータを取得・解析する国内地熱ポテンシャル調査の対象地域の拡大を図り、新規プロジェクトの開拓を一層促進します。
実施状況  ポテンシャル調査を実施中。
参考

地熱資源調査の様子

資金的リスク低減に向けた支援の推進

計画  有望な地熱資源を確認するための地質調査、物理探査、坑井掘削調査など、リスクの高い初期調査への助成金交付による支援を行います。また、探査事業に必要な資金に対する出資及び発電所建設に必要な資金を金融機関から借り入れる際の当該資金に対する債務保証を行います。これら支援を通じて、我が国企業の資金的リスクを軽減し、地熱資源開発の取組を促進します。
実施状況  助成金交付事業を実施中。令和3年度は第5回公募終了時点で計18件を採択。出資・債務保証を実施中。
参考

地熱に係る技術開発の強化

計画  我が国企業等が取り組む地熱開発における開発期間の短縮やコスト低減に寄与するため、地熱貯留層を対象とした探査技術、掘削技術、及び評価・管理技術などの開発を強化します。
 また、革新的技術である地熱増産システム(EGS:Enhanced Geothermal Systems)技術開発につきましては、これまで貯留層に対する人為的な注水(人工涵養)、注水洗浄による透水性向上を実施してきたところですが、さらに新たな貯留層の造成によって発電量を増加させる技術として注目されているカーボンリサイクルCO2地熱発電技術開発の検証等に着手します。
実施状況  人工涵養技術開発、カーボンリサイクルCO2地熱発電技術開発を実施中。
参考

EGS技術のイメージ図(JOGMEC作成)

海外における地熱資源調査ヘの着手

計画  国内地熱資源開発に有益な知見獲得を目的とした海外地熱資源調査に着手します。
実施状況  海外地熱資源調査について調査計画を検討中。

世界各国の地熱発電設備容量(WGC 2020 Update ReportよりJOGMEC作成)

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.