JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

JOGMECの取り組み状況

世界最先端の調査船の就航

 1980年(昭和55年)に竣工し、わが国の海洋鉱物資源調査の一端を担ってきた「第2白嶺丸」の後継船として、2012年(平成24年)2月、船上設置型と海底着座型の2種類の掘削装置(掘削能力:海底下400m及び50m)や遠隔操作型無人潜水機(Remotely operated vehicle:ROV)等の世界最先端の装備を搭載した海洋資源調査船「白嶺(はくれい)」が就航しました。

海洋資源調査船「白嶺」

 「白嶺」は、船体が動揺しているときでも安全に掘削作業を進めるため、船体中央部にムーンプールと呼ばれる開口部を設け、ドリルパイプの上げ下げや大型調査機器の投入・揚収を可能にしています。また、採掘要素技術試験機などの大型試験機の投入・揚収も可能な大型クレーンなどを装備しています。さらに、風や波、海流の中での各種調査機器の安全な運用のため、船体に装備した複数のバウスラスターおよび全旋回式プロペラを自動船位保持装置(Dynamic Positioning System: DPS)を用いて制御することにより、強力な定点保持機能を有するなど、最新鋭の調査能力を有しています。

海洋資源調査船「白嶺」

2種類の掘削装置





独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.