JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

ホーム >  ニュースリリース >  2022年度 >  神栖国家石油ガス備蓄基地における令和4年度国家備蓄石油ガス放出訓練の実施について

神栖国家石油ガス備蓄基地における令和4年度国家備蓄石油ガス放出訓練の実施について

2022年7月27日

 JOGMECは、2022年7月25日、国から委託を受けて管理している神栖国家石油ガス備蓄基地(以下「神栖基地」)において、国家備蓄石油ガスの放出訓練を実施しました。
 JOGMECは今後も緊急時における迅速かつ円滑な対応に向けて、放出訓練をはじめとしたさまざまな準備を続けてまいります。
 神栖基地の放出訓練は、石油ガスの供給途絶や災害時等の緊急時を想定し、国が備蓄する石油ガス(以下「国備ガス」)を隣接する操業会社の低温タンクへ放出するもので、今回の訓練ではプロパン及びブタン各300トンの放出を実施しました。
 本訓練は、JOGMECが主催し、神栖基地の操業会社である鹿島液化ガス共同備蓄株式会社(以下「鹿島共備」)が実施主体となって行いました。神栖基地は2005年12月から操業を開始しており、緊急時の国備ガスの放出を想定した訓練を2008年度から毎年実施し、今回が15回目となります。

 訓練実施にあたっては、新型コロナウィルス感染防止対策を徹底し、鹿島共備本社、同事業所、及び中央計器室、そしてJOGMEC基地事務所の4地点をWEB会議システムで繋ぎ、連絡・指示や訓練状況の共有に努めました。また、ウエアラブルカメラを活用した現場やDCS(分散制御システム)画面の共有によるリアルタイムでの運転状況の把握等、徹底したリモート化を図り、訓練レベルの向上に努めました。
 当日は訓練従事者の高い意識のもと各種作業手順や関連機器設備の作動確認等も本番さながらに実施し、猛暑のなか熱中症等の体調不良者もなく、安全かつ計画どおりに終了しました。

神栖国家石油ガス備蓄基地の概要

神栖高所全景写真
2005年12月 基地完成・操業開始
2006年7月 第一船入港・本格備蓄開始
2009年3月 約20万トンの石油ガス備蓄完了
2011年4月 東日本大震災時に国からの指示を受け、約4万トンの国家備蓄石油ガスを放出

放出訓練の様子

  • 数量確認作業(配管内満液確認)

  • 訓練開始指示

  • ポンプ起動確認(放出開始)

  • 調節弁閉止確認(放出終了)

  • 中央計器室での放出操作・監視状況

  • WEB会議状況

この記事に関するお問い合わせ先

備蓄企画部 企画課原田

電話 03-6758-8033

総務部 広報課尾崎

電話 03-6758-8106

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.