JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

ホーム >  ニュースリリース >  2022年度 >  豪州ライナス社への追加出資について

豪州ライナス社への追加出資について

English Ver.

双日株式会社
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機

2022年9月20日

最終更新日:2022年9月20日

 双日株式会社(以下、「双日」)と独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下、「JOGMEC」)は、2022年9月19日、2011年に共同で設立した日豪レアアース株式会社(以下、「JARE」)を通じ、Lynas Rare Earths社(本社:豪州・パース、以下、「ライナス社」)が実施する追加探鉱事業に9百万米ドルの出資を実行しました(以下、「本事業」)。

 ライナス社から日本へ供給されるレアアースは、電気自動車用や風力発電用のモーターなどの環境に配慮した製品に不可欠な磁石向け原料として需要拡大が見込まれており、日本の製造業界への長期安定供給は極めて重要です。
 双日とJOGMECは、2011年3月にJAREを通じライナス社へ総額 2 億 5 千万米ドル(約 200 億円)の出融資を実行したとともに、双日はライナス社が生産するレアアース製品の日本市場における独占販売契約を締結しており、磁石を含めた様々な用途の需要家にレアアースを安定供給しています。

 JAREとライナス社は、2022年3月31日に、JAREがライナス社の今後の事業展開および日本へのレアアース供給に協力することについてレターアグリーメント(レター形式の契約書)を交わしており、本事業はその協力関係の一環として位置づけられます。
 JOGMECは、本事業が日本へのレアアース資源の安定供給に寄与すると判断し、今回の出資採択を決定しました。また、資金のみならず、JOGMECが長らくの経験を有する探鉱分野で地質技術者やエンジニアを派遣し、人材面でもサポートを行う予定です。

 双日とJOGMECは、本事業を通じて、ライナス社が中期経営計画「Lynas2025」で掲げている事業計画の早期かつ確実な実現に向けた探鉱活動などを支援するとともに、ライナス社との協力関係の維持・強化と日本市場へのレアアース安定供給に貢献していきます。

関連ニュースリリース

マウント・ウェルド鉱山周辺図

マウント・ウェルド鉱山周辺図

事業スキーム図

事業スキーム図

ライナス社概要

会社名 Lynas Rare Earths Ltd(豪州証券取引市場に上場)
所在地 Level 1, 45 Royal Street East Perth WA 6004 Australia
代表者 Amanda Lacaze(アマンダ・ラカーズ)
事業内容 レアアースの採掘、分離・精製
時価総額
(2022年9月8日現在)
77億豪ドル(約7,500億円)
主要子会社 Mt. Weld Mining Pty Ltd(鉱山権保有採掘会社)
Lynas Malaysia Sdn Bhd(分離精製プラント)

双日株式会社の概要

本社 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号
代表者 代表取締役社長 藤本 昌義
設立 2003年4月1日
資本金 1,603億円

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の概要

本部 東京都港区虎ノ門2丁目10番1号
代表者 理事長 細野 哲弘
設立 2004年2月29日
資本金 1兆1,735億円

本件に関するお問い合わせ先

双日株式会社 広報部 03-6871-3404
JOGMEC 資源開発部ファイナンス課 沖園、砂田 03-6758-8029

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 広報課尾崎

電話 03-6758-8106

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.