JOGMEC 独立行政法人 エネルギー・金属鉱物資源機構

ホーム >  ニュースリリース >  2023年度 >  インドネシア・スコワティ油田におけるCO2圧入試験の開始について~東南アジアにおけるCO2-EORの商業化に向けて~

インドネシア・スコワティ油田におけるCO2圧入試験の開始について
~東南アジアにおけるCO2-EORの商業化に向けて~

2023年12月8日

 JOGMECはインドネシア国営石油会社PT Pertamina(Persero)(以下「プルタミナ」)、PT Pertamina EP(以下「PEP」)、石油資源開発株式会社(以下「JAPEX」)と共にインドネシア共和国(以下「インドネシア」)東ジャワ州のスコワティ(Sukowati)油田において、二酸化炭素(CO2)圧入試験(以下「本試験」)を開始しました。

CO2圧入開始セレモニーの様子

左から岡部CCS・水素事業部特命調査役、アワン開発生産担当取締役(Pertamina Hulu Energi)、ジョコ長官(インドネシア国家エネルギー評議会)、鈴木海外カーボンニュートラル事業推進部長(JAPEX)、ムズウィール ゼネラルマネージャー(PEP)、オキ上級副社長(プルタミナ)


 本事業は、2023年7月にJOGMEC、JAPEX、プルタミナ及びPEPが締結した共同研究の一環として、インドネシア東ジャワ州の陸上スコワティ油田においてCO2 Huff and Puff試験(注1)を実施するもので、同油田においてCO2-EOR(注2)及びCO2地中貯留効果を検証し、商業化に必要なデータを取得することを目的としています。

 2023年12月7日のCO2圧入開始の際には、インドネシア国家エネルギー評議会のジョコ長官、プルタミナのオキ上級副社長他同席のもとセレモニーが実施されました。

 JOGMEC、プルタミナ及びPEPは、2022年にインドネシア・西ジャワ州の陸上ジャティバラン油田において、Huff and Puffを用いたCO2圧入の実証試験を成功しています。本試験は、ジャティバラン油田に続く、プルタミナ及びPEPが実施する二例目のCO2圧入であり、CCUS(注3)技術の一つと位置付けられるCO2-EORの導入がインドネシアにおいて着実に前進していることを示すものです。

 スコワティ油田は、大規模なCO2排出源に隣接し、地下の貯留層条件もCO2-EORに適した油田と評価されています。JOGMECは、共同研究パートナーであるJAPEX、プルタミナ及びPEPと共に、本試験で得られるデータを活用し、同油田におけるCO2-EORの商業化に向けて検討を進めてまいります。

 本件は、日本政府が主導するアジア・ゼロエミッション共同体(Asia Zero Emissions Community:AZEC)構想やアジア・エネルギー・トランジション・イニシアティブ(Asia Energy Transition Initiative:AETI)の一環で進めており、アジア地域でのCCUSネットワークの構築に資する取組です。JOGMECは、今後も我が国のエネルギー安全保障の向上と、インドネシアをはじめとするアジア地域における持続的な経済発展とカーボンニュートラルの実現に貢献してまいります。

(注1) 同一坑井においてCO2圧入と原油生産を行う試験。
(注2) CO2を利用した原油の増進回収(CO2 Enhanced Oil Recovery)。
(注3) Carbon dioxide Capture, Utilization, and Storage(CO2の回収・有効活用・貯留)の略。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

CCS・水素事業部 地下技術課赤井、三上

電話 043-276-9220

総務部 広報課柿平

電話 03-6758-8106

独立行政法人 エネルギー・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Organization for Metals and Energy Security All Rights Reserved.