JOGMEC 独立行政法人 エネルギー・金属鉱物資源機構

ホーム >  ニュースリリース >  2019年度 >  国内最大規模のバイナリー方式による地熱発電所建設を支援 ~南茅部地熱発電所(仮称)建設事業への債務保証について~

国内最大規模のバイナリー方式による地熱発電所建設を支援 ~南茅部地熱発電所(仮称)建設事業への債務保証について~

2020年3月31日

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、ORジオ南茅部株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役:髙山 知也、以下、「ORジオ」)が北海道函館市南茅部地域で行う地熱発電事業について、債務保証対象事業として採択し、2020年3月31日に関連契約を締結しました。
 ORジオは、北海道函館市南茅部地域において、ダウンホールポンプ(注1)を用いた揚湯方式により、バイナリー方式では国内最大規模となる地熱発電所(設備容量:6,500キロワット)の建設を計画しています。JOGMECは、ORジオが建設資金の一部(7,237百万円)を市中銀行から長期借入で調達するにあたり、この借入の80%に対する債務を保証するものです。

 本地熱発電所建設に先立ち、ORジオを間接所有するオリックス株式会社(以下、「オリックス」)は、2014年度から2017年度まで、JOGMECによる地熱発電にかかる助成金の採択を受けて、同地域において地表調査及び坑井掘削等を行い、地熱資源量を調査しました。この結果、本地熱発電所の建設に至ったものです。また、事業の推進にあたり、ORジオ及びオリックスは、北海道の豊かな海産資源及び自然環境を守るための植林や間伐などの森林整備を行うなど、地域と連携しながら環境保全に取り組む方針です。

 JOGMECはこれまで地熱資源に関する調査助成や技術開発等による支援事業を進めており、今後も地熱資源開発の促進を図るため、国内で地熱資源開発を行う本邦法人に対し、積極的な支援を行って参ります。

(注1)地下から熱水を汲み上げるポンプ。国内地熱発電での使用は初。

債務保証先会社の概要

名称 ORジオ南茅部株式会社
設立 2017年5月10日
本社所在地 北海道函館市川汲町1545番地
代表取締役  髙山 知也 氏

債務保証先会社の株主構成(2020年3月31日時点)

ORジオホールディングス株式会社(注2) 100%
(注2)オリックス株式会社が100%の株式を保有する子会社

採択の内容

採択年月日 2020年3月5日
資金調達見込 株式会社みずほ銀行から長期借入金7,237百万円を調達
債務保証見込額 5,790百万円
採択理由 本事業については、(1)「技術的事項、(2)経済的事項、(3)事業実施関連事項等の観点から構成されるJOGMECの採択審査基準を満たすと判断されることから、債務保証対象事業として採択することとした。

事業概要

発電所名称 南茅部地熱発電所(仮称)
発電規模 設備容量6,500キロワット(空冷式バイナリー方式)
建設期間 2020年4月~2022年1月(予定)
運転開始 2022年2月(予定)

地熱発電所の建設予定地(位置図)

(国土地理院 電子国土Web(https://maps.gsi.go.jp/)を基にJOGMEC作成))

この記事に関するお問い合わせ先

地熱事業部開発課伊藤、駒澤

電話 03-6758-8001

総務部広報課高橋

電話 03-6758-8106

独立行政法人 エネルギー・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Organization for Metals and Energy Security All Rights Reserved.