JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

ホーム > 石油・天然ガス開発 > 地質構造調査 > 国内石油・天然ガス基礎調査

国内石油・天然ガス基礎調査

国内石油・天然ガス基礎調査

 国内石油・天然ガス基礎調査事業は、基礎的な地質情報が不足している未探鉱地域等を主な対象として、国が石油・天然ガス資源のポテンシャルの概要を把握するための先導的調査活動を実施し、民間事業者による国内における探鉱・開発の促進・活性化を図るとともに、最も安定的な供給源となり得る国産石油・天然ガス資源を確保することを目的としています。本事業は、石油・天然ガスが胚胎する可能性のある地域や地質構造を特定・評価するための基礎物理探査と、実際の掘削作業により石油・天然ガスの賦存状況を確認するための基礎試錐からなります。

 国内の石油・天然ガス資源ポテンシャルの把握やその開発に関する技術的・経営的基盤を形成することはエネルギー安全保障の観点から国の重要な政策のひとつと位置づけられています。このような政策的背景から基礎調査事業は昭和30年代から継続されてきましたが、令和元年度にJOGMEC保有の三次元物理探査船『たんさ』が導入されたことを受け、政府が国の海洋資源開発に関する取り組み方針として策定した「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」に基づき、令和10年度までの10年間の中長期計画の一部として、本邦周辺海域を対象とした基礎調査事業が展開されています。

 国内石油・天然ガス基礎調査の成果(報告書およびデータ等)は国の所有物として、JOGMECがその管理を代行しており、国内において石油開発を事業とする民間企業や石油開発に関する研究を行う大学等の研究機関を対象に基礎調査成果の開示を行っています。この他、地震防災や環境対策等、公共性の高い事業においても利用が認められています。今後はこれらのデータを活用した本邦周辺海域における探鉱活動の活性化、その結果としての新しい油ガス田の発見が期待されています。

 なお、基礎調査事業の成果利用の申請については、JOGMEC探査部基礎調査課窓口()までご照会下さい。

三次元物理探査船「たんさ」

基礎物理探査に関する調査候補地の提案募集

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)は、我が国周辺海域における石油・天然ガス(炭化水素)資源ポテンシャルの概要を把握するため、さらには二酸化炭素回収・貯留(CCS)事業のための貯留適地選定を目的とした「国内石油天然ガス基礎調査(基礎物理探査)」に関する新たな調査候補地の提案を募集します。
 
 JOGMECでは、「国内石油天然ガス基礎調査」に関する業務を経済産業省資源エネルギー庁から受託しており、今般、同庁からの指示に基づき、来年度以降の予算措置を前提として、新たな調査候補地の提案を公募することとなりました。
 つきましては、下記をご参照のうえ、新たな基礎物理探査の調査候補につき、ご提案頂きたくお願い申し上げます。ご提案頂いた調査候補につきましては、資源エネルギー庁の国内石油天然ガス基礎調査実施検討委員会において審査され、調査実施が妥当であると判断された案件については、今後の基礎物理探査事業の調査候補として採択される予定です。
 なお、情報が開示されることにより提案者の不利益となることが想定されますので、調査提案の募集状況や委員会における審議内容およびその結果につきましては非公開となりますことを、あらかじめご承知いただけるようお願いいたします。また、調査候補として採択された場合であっても、調査の実施時期や計画状況についての照会にはお答えできませんので、ご理解いただきたくお願いいたします。

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.