JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

ホーム >  刊行物 >  広報誌:JOGMEC NEWS >  広報誌:JOGMEC NEWS vol.68 >  【第4回】SDGs COLLECTION

【第4回】SDGs COLLECTION

業務で取り扱う岩石はさまざまで、写真は海底面下から採取された地層のコアを船上で選定している様子。そのまま船内のラボで実験を行う (出典:MH21-S 研究開発コンソーシアム)

お話を聞いたのは

石油天然ガス事業本部 技術部 開発技術課 長野優羽

大学院修士課程修了後、研究員を経て2010 年入構。
技術部で石油・ガス開発における課題解決に向けた技術支援、研究開発を担当。主に岩石力学分野の実験やシミュレーション業務を行う。博士(理学)

一本の橋から始まった私の夢。「人の役に立つ」仕事に誇りを感じています

 わずか数ミリの、薄くて小さな岩石のかけら。そんなものが資源エネルギーの安定供給やカーボンニュートラルにつながるなんて信じられますか? 私が所属する石油天然ガス事業本部では、石油・ガスの増産や操業現場の課題解決に向けた技術開発を行っています。そのうち技術部で私が担当する業務のひとつが、石油・ガスを生産する井戸を掘る際に出る岩石のかけらから、その強度を測るという技術です。

 石油・ガスを地下深くから取り出すためには、貯留層と地上をつなぐ井戸を掘削する必要があります。掘削中は、周囲の岩石が崩れないよう地層の強度を考慮しなければなりません。また、生産量を増やすために地層に人工的なき裂を作る際や、貯留層に水や二酸化炭素(CO2)を圧入する際にも、地層の強度は重要な情報となります。つまり、岩石の強度を知ることは、石油・ガスの増産や安全な操業のために必要な作業なのです。しかし、地下深くにある岩石の強度を知ることは容易ではありません。通常、岩石の強度を測るには、円柱状の地層サンプル(コア)を採取して試験をする必要がありますが、評価したい地層のコアが採取されていない場合や、割れやすいコアが崩れて試験ができないことも多くあります。そのような場合でも、掘削の際に必ず出てくる岩石のかけらから強度を測ることができないかという現場からの要望に応じて、この技術開発が始まりました。このように、産油国や資源開発会社が抱える課題を解決すべく、これまで技術や機器の整備を行ってきました。

 そしてこの「地下の岩石の強度を知る」という技術は、実はカーボンニュートラルの実現にも貢献しています。カーボンニュートラルに資する技術として注目されているCCS(Carbon Capture and Storage)は、温室効果ガスであるCO2を地下深くの地層に貯留するというものです。CO2を漏洩のリスクなく安全に地下に貯留できるかを評価するには、貯留層やその上部にある地層の強度の情報を得ることが重要となります。最近はCCSの検討を行う資源開発会社からの相談が増え、これまでに培ってきた岩石の強度を知る技術でCCSの現場にも貢献できるということを実感しています。私が学生時代から取り組んできた岩石力学の知識や経験が、資源エネルギーの安定供給だけでなく、地球温暖化対策にも役立つとは思ってもいませんでした。

 幼少期を離島で過ごした私は、小学生のときに島と隣の島をつなぐ橋ができたことで、生活が劇的に便利になった経験をしました。そのときの感動から「人の役に立つ仕事がしたい」と思うようになり、学生時代は土木工学を専攻していました。そこで得た知識や専門性を活かすことができ、資源エネルギーの安定供給を担うJOGMECに魅力を感じ、この分野で働くことになりました。

 JOGMECは育児休暇などの制度も整い、女性の多い職場です。2人の子どもを出産後は育児休暇を取得し、復職後も子育てと仕事を両立できています。職場の環境にも恵まれたおかげで幼い頃に思い描いた夢を叶えることができ、そしてこれからも挑戦し続けられることに感謝とともに、大きなやりがいを感じています。
  • 数ミリ角の薄い岩石の強度を、JOGMECが所有する特殊な計測機器を使って計測しているところ。
    岩石の強度を調べることが、石油・ガスの増産や安全な操業につながる

  • 業務で取り扱う岩石はさまざまで、写真は海底面下から採取された地層のコアを船上で選定している様子。
    そのまま船内のラボで実験を行う (出典:MH21-S 研究開発コンソーシアム)

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.