JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

環境保全対策

国家石油備蓄基地の環境保全対策

国家石油備蓄基地は、クリーンな水、空気、緑を守るために、充実した環境保全設備を備えています。

(1)環境保全の取り組み

大気汚染を防止するために、硫黄分の少ない燃料を使用するとともに、貯蔵している原油から発生するガスは、原油ガス処理設備において無害なガスにしてから放出しています。
また、海域に油分が出て行くことがないよう、排水処理設備で油分、臭いを除去し、ガードベースンで汚れのないことを確認してから放水しています。
  • 大気汚染監視装置

  • 排水処理設備

  • ガードベースン (処理水放流槽)

(2)周囲との調和

基地内に植栽を行い、緑化を推進するとともに、タンクをはじめとする基地施設にカラーコンディショニングを施し、近隣の景観との調和を図っています。
  • 緑化推進

  • カラーコンディショニング

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.