JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

保全工事

国家石油備蓄基地施設の管理

国内10箇所の国家石油備蓄基地施設の管理を実施しています。現場操業は民間操業サービス会社へ委託し、安全かつ効率的、機動的に安全管理、保全工事管理等について統合管理しています。

※保全工事の例:タンク開放検査工事(定期保安検査)


タンク方式により以下の開放検査義務があり、主要工事内容としては、クリーニング工事・検査工事・塗装補修工事で構成されております。(地下岩盤タンク方式は原油実入り未開放にて実施する為、検査工事のみ実施)


  • 地上タンク開放検査(消防法検査周期:8~15年±1年)
  • 地中タンク開放検査(消防法検査周期:13年±1年)
  • 洋上タンク開放検査(鋼船規則検査周期:5年毎の代表船)
  • 地下岩盤タンク検査(消防法検査周期:10年±1年)
  • 地上タンク開放検査工事(内部非破壊検査)

  • 洋上タンク開放検査工事(外面補修作業)

洋上タンク開放検査工事(内部補修作業)

  • 地下岩盤タンク検査工事(坑道内変位の確認)

  • 地下岩盤タンク検査工事(地下水位観測孔の確認)

独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
(法人番号 4010405009573)

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 16階(JOGMEC 総合受付)
電話(代表)03-6758-8000

Copyright© Japan Oil, Gas and Metals National Corporation All Rights Reserved.